リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

深谷シネマへようこそ!

【お知らせ】11/26日(火)13:00〜

【映画ミーツ浪曲】映画上映&生浪曲公演

映画『呼子星』 
浪曲『金魚夢幻』

浪曲師:玉川奈々幅
曲師:沢村豊子

お電話にてご予約受付中!!

 

こちらは『深谷シネマ』公式サイトです。埼玉県深谷市・旧中山道沿い。
300年もの歴史を持つ「七ツ梅酒造」跡へ2010年4月移転しました。
全国でも唯一の酒蔵を改装した、街の映画館です。

 

*毎週火曜休館

 

【七ツ梅ミライ基金】↑クリック(PDF)

ご協力よろしくお願い致します!

【ご鑑賞に関して】

入場券の販売は当日当館の受け付けのみ、全席自由席、各回入れ替え制となっております。

ムビチケはご利用不可となります。

*舞台挨拶等のイベント時は変更となる場合が御座いますのでお手数ですがお問い合わせ下さい。

 


上映スケジュール・映画館への案内などこちらからどうぞ。
■お知らせ
■現在上映中
■今後の上映作品
■交通案内・料金

続きを読む >>

このページの先頭へ▲


現在上映中・今後の上映 (2019/11/16更新)

11月17日(日)〜23日(土)
『マーウェン』
10:00/20:00

 

『風をつかまえた少年』
13:00

 

『いちごの唄』
15:30

 

『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』
18:00

 

11月24日(日)〜30日(土)
『よこがお』
9:30

 

『マーウェン』
12:30

 

『風をつかまえた少年』
15:00

 

『メランコリック』
17:30

 

『Girl/ガール』
20:00

 

11/26日(火)

【深谷シネマ映画ミーツ浪曲】映画上映&生浪曲公演

映画『呼子星』 浪曲『金魚夢幻』

13:00

 

12月1日(日)〜7日(土)
『命みじかし、恋せよ乙女』
9:30

 

『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』
12:20

 

『メランコリック』
15:10

 

『よこがお』
17:40

 

『ロビンソンの庭』
20:00

 

12月8日(日)〜14日(土)
『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』
9:30

★初日12/8日上映後・佐古忠彦監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

『台風家族』
13:00

 

『あなたの名前を呼べたなら』
15:20

 

『命みじかし、恋せよ乙女』
17:30

 

『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』
20:00


このページの先頭へ▲


あなたの名前を呼べたなら

 

12月8日(日)〜14日(土)
15:20 - (17:09終映)
*12月10日(火)休館

 

12月15日(日)〜23日(月)
20:00 - (21:49終映)
*12月17日(火)休館

 

監督:ロヘナ・ゲラ
出演:ティロタマ・ショーム/ビベーク・ゴーンバル/ほか
[18年製作/インド・フランス合作/1時間39分/字幕]
http://anatanonamae-movie.com/

 

助監督や脚本家としてヨーロッパでも活躍するムンバイ出身の女性監督ロヘナ・ゲラの長編デビュー作。経済の発展が著しいインドのムンバイで農村出身のラトナはファッションデザイナーを夢見ながら、メイドとして働いていた。夫を亡くしたラトナは建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭で住み込みで働く予定だった。しかし、婚約者の浮気が発覚して直前で破談となってしまい、広すぎる高級マンションに1人で暮らすことになった傷心のアシュヴィンを気遣いながら、ラトナは彼の身の回りの世話をしていた…。主人公・ラトナ役を「モンスーン・ウェディング」のティロタマ・ショーム、御曹司のアシュヴィン役を「裁き」のビベーク・ゴーンバルがそれぞれ演じる。


このページの先頭へ▲


台風家族

 

12月8日(日)〜14日(土)
13:00 - (14:58終映)
*12月10日(火)休館

 

12月15日(日)〜23日(月)
17:40 - (19:38終映)
*12月17日(火)休館

 

監督:市井昌秀
出演:草なぎ剛/新井浩文/MEGUMI/中村倫也/尾野真千子/ほか
[19年製作/日本/1時間48分]
http://kamejiro2.ayapro.ne.jp/

 

「箱入り息子の恋」の市井昌秀監督のオリジナル脚本で、草なぎ剛、MEGUMI、中村倫也、尾野真千子、藤竜也らが演じるひとクセある家族たちの姿を、ブラックユーモアを交えて描いたコメディドラマ。鈴木一鉄と妻の光子は銀行から2000万円もの大金を強奪し、行方がわからくなっていた。事件から10年たったある日、いまだに所在がわからない両親の仮想葬儀で財産分与をおこなうため、鈴木家の子どもたちが集まる。どんな仕事も長続きしない長男の小鉄は妻の美代子、娘のユズキとともに10年ぶりに実家へ訪れ、長女の麗奈、次男の京介とともに、空の棺おけを2つ並べた見せかけだけの葬儀を始める…。
長男役の草なぎ、長男の妻役の尾野、父親役の藤のほか、MEGUMI、中村倫也、榊原るみらが顔をそろえる。


このページの先頭へ▲


米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯

 

12月8日(日)〜14日(土)
9:30 - (11:48終映)
*12月10日(火)休館
★初日12月8日(日)上映後・佐古忠彦監督監督による舞台挨拶開催!

 

12月15日(日)〜23日(月)
15:00 - (17:18終映)
*12月17日(火)休館

 

監督:佐古忠彦
出演:瀬長亀次郎/ほか
[19年製作/日本/2時間08分]
http://kamejiro2.ayapro.ne.jp/

戦後、占領下の沖縄で米軍の圧政と戦った政治家・瀬長亀次郎の生き様を描いたドキュメンタリーの第2弾。那覇市長や衆議院議員を務め、不屈の精神で戦い続けた瀬長亀次郎の人生を追い、平成30年度文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞など数々の映画賞を受賞した前作「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」に続く今作では、カメジローの生涯をさらに深く掘り下げると同時に、本土復帰へ向けた激動の沖縄を描き出していく。カメジローが残していた230冊を超える日記を丹念に読み解き、妻や娘らと過ごす家族の日常や、政治家・夫・父親などカメジローのさまざまな顔を浮かび上がらせていくほか、1971年12月4日の衆議院沖縄・北方問題特別委員会で時の首相・佐藤栄作と繰り広げた激論の記録映像が収められ、現代へと続く沖縄の解決されない問題や事象の原点を浮き彫りにする。


*********************************

 

「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

日:12月8日(日)

時:9:30の回上映後

登壇者:佐古忠彦監督

 

【ご入場方法】
12/8日当日9:00よりご入場開始。(全席自由席)
なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。


このページの先頭へ▲