リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

教誨師(きょうかいし)

 

2月17日(日)〜23日(土)
10:00 / 15:10 - (17:14終映)
*2月19日(火)休館

 

2月24日(日)〜3月2日(土)
17:30 - (19:34終映)
*2月26日(火)休館

 

監督:佐向大
出演:大杉漣/玉置玲央/瀬烏丸せつこ/光石研/ほか
[18年製作/日本/1時間54分]
http://kyoukaishi-movie.com/

 

名バイプレイヤーとして知られる大杉漣がエグゼクティブプロデューサーを務め、最後の主演作となった人間ドラマ。彼らの改心を手助けする教誨師が、死刑囚たちと向き合う苦悩を描く。共演に映画初出演となる玉置玲央のほか光石研、烏丸せつこ、古舘寛治らが集結。死刑執行に立ち会う刑務官を描いた『休暇』の脚本を担当した佐向大がメガホンを取る。

 

*********************************


「教誨師」佐向大監督による舞台挨拶を開催いたしました!

 

日:2月17日(日)

 

時:10:00の回上映後

 

【ご入場方法】
当日9:30よりご入場となります。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。

 

たくさ沢山のお客様沢山のお客様のご来館本当に有難うございました。


このページの先頭へ▲


まぼろしの市街戦

 

2月17日(日)〜23日(土)

 

20:00 - (21:52終映)

 

*2月19日(火)休館

 

監督:フィリップ・ド・ブロカ
出演:アラン・ベイツ/ジュヌビエーブ・ビヨルド/ほか
[1967年製作/フランス/1時間42分/字幕]
http://king-of-hearts-film.com/

 

名匠フィリップ・ド・ブロカが1967年に手がけ、戦争の狂気や愚かしさを笑い飛ばすかのごとく、ユーモアを交えて描いた名作。第1次世界大戦末期、敗走中のドイツ軍が、占拠したフランスの小さな町に時限爆弾を仕かけて撤退。進撃するイギリス軍の兵士プランピックは、爆弾解除を命じられて町に潜入するが、住民たちも逃げ去った町では、精神病院から解放された患者とサーカスの動物たちが解放の喜びに浸り、あたかもユートピアのような生活が営まれていた…。日本では67年に劇場初公開。2018年10月には4Kデジタル修復版でリバイバル公開。


このページの先頭へ▲


止められるか、俺たちを

 

2月17日(日)〜23日(土)
12:40 - (14:49終映)
*2月19日(火)休館

 

2月24日(日)〜3月2日(土)
14:40 - (16:49終映)
*2月26日(火)休館

★2/24日(日)上映後・舞台挨拶を開催致します!詳細は↓

 

監督:白石和彌
出演:門脇麦/井浦新/山本浩司/岡部尚/ほか
[18年製作/日本/1時間59分]
http://www.tomeore.com/

 

2012年10月に急逝した映画監督・若松孝二の伝記ドラマ。1960年代末を舞台に、彼のプロダクションに飛び込んだ女性の視点から、映画に全てをささげる若松孝二と仲間たちの青春を浮き上がらせる。メガホンを取るのは、若松プロダクション出身で『孤狼の血』などの白石和彌。門脇麦、井浦新、山本浩司をはじめ、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、毎熊克哉らが顔をそろえる。


*********************************


「止められるか、俺たちを」舞台挨拶を開催いたします!

 

日:2月24日(日)

時:14:40の回上映後

ゲスト:田本清嵐さん(秋山道男役)、中澤梓佐さん(篠原美枝子役)、井上淳一さん (本作脚本)

 

【ご入場方法】
当日9:30より鑑賞料と引き換えに整理券をお配り致します。
14:20より整理券番号順でのご入場となります。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。


このページの先頭へ▲


Workers 被災地に起つ

 

2月10日(日)〜16日(土)
12:50 - (14:29終映)
*2月12日(火)休館

 

2月17日(日)〜23日(土)
17:40 - (19:19終映)
*2月19日(火)休館

 

監督:森康行
[18年製作/日本/1時間29分]
http://workers2-movie.roukyou.gr.jp/

 

労働者や使用者といった枠組みをはずし、出資者が平等な立場で事業や経営に参加できる協同組合「ワーカーズコープ」による東日本大震災の被災地での取り組みの様子を追ったドキュメンタリー。ひとりひとりの願いや困りごとから始まるワーカーズコープは、東日本大震災の被災地となった岩手県大槌、宮城県気仙沼、亘理、登米でもおこなわれてきた。子どもや障がい児を預かる場、高齢者が安心して暮らせる街づくり、地元の資源を生かした地域の復興などを模索し、実践していった。そこから見えてくるのは、これからの日本を考える上で見直されている「ともに生きる社会」の原点だった。

 

*********************************
 

★「Workers 被災地に起つ」森康行監督による舞台挨拶を開催いたしました!

 

日:2月10日(日)

時:12:50の回上映後

 

 

 

 

【ご入場方法】
当日9:30より鑑賞料と引き換えに整理券をお配り致します。
12:20より整理券番号順でのご入場となります。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。

 

沢山のお客様のご来館本当にありがとうございました。


このページの先頭へ▲