リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

カツベン!

 

3月29日(日)〜4月4日(土)
10:00 / 17:20 - (19:37終映)
*3月31日(火)休館

 

4月5日(日)〜11日(土)
10:00 - (12:17終映)
*4月7日(火)休館

 

監督:周防正行
出演:成田凌/黒島結菜/永瀬正敏/ほか
[19年製作/日本/2時間07分]
https://www.katsuben.jp/

 

『それでもボクはやってない』などの周防正行監督が、映画が「活動写真」と呼ばれていた時代に独自のしゃべりで観客を沸かせた「活動弁士」を主人公に据えた青春活劇。約100年前を舞台に、活動弁士を目指す青年と彼を取り巻く人々を描く。主演を成田凌、ヒロインを黒島結菜が務める。共演には永瀬正敏、高良健吾、井上真央、竹中直人、小日向文世、竹野内豊らが名を連ねる。


このページの先頭へ▲


少女は夜明けに夢をみる

 

3月29日(日)〜4月4日(土)
15:30 - (16:56終映)
*3月31日(火)休館

 

4月5日(日)〜11日(土)
18:00 - (19:26終映)
*4月7日(火)休館

 

監督:メヘルダード・オスコウイ
[16年製作/イラン/1時間16分/字幕]
http://syoujyo-yoake.com/

 

イランの少女更生施設を捉えたドキュメンタリー。 DVや性的虐待などの理由から罪を犯してしまった少女たちの姿を映し出す。監督はイランのドキュメンタリー作家、メヘルダード・オスコウイが務め、撮影許可におよそ7年もの時間を費やした。ベルリン国際映画祭をはじめ、各国の映画祭で高い評価を得た。


このページの先頭へ▲


一粒の麦 荻野吟子の生涯

 

3月22日(日)〜28日(土)
10:00 / 15:30 - (17:30終映)
*3月24日(火)休館

 

3月29日(日)〜4月4日(土)
13:00 - (15:00終映)
*3月31日(火)休館

 

監督:山田火砂子
出演:若村麻由美/山本耕史/賀来千香子/ほか
[19年製作/日本/1時間50分]
https://www.gendaipro.jp/ginko/

 

明治時代、近代日本で初めて女性で医師として認められた荻野吟子の生涯を描いた伝記ドラマ。嘉永4年(1851年)、武蔵国幡羅郡俵瀬村(現在の埼玉県熊谷市)に生まれ、幼い頃から兄たちよりも聡明で周囲を感嘆させた吟子。しかし、女に学問はいらないと隣村の名主の家に嫁に出され、そこで夫から病気を移されると、今度は子どもの産めない嫁はいらないと実家に帰されてしまう。この無情な現実に泣いた吟子は、自分と同じように涙を飲む女性たちのために医者になることを決意する。監督・脚本は「母 小林多喜二の母の物語」「エンジェルがとんだ日」の山田火砂子。
ご好評につき再上映決定!


このページの先頭へ▲


永遠の門 ゴッホの見た未来

 

3月22日(日)〜28日(土)
13:00 - (15:01終映)
*3月24日(火)休館

 

3月29日(日)〜4月4日(土)
20:00 - (22:01終映)
*3月31日(火)休館

 

監督:ジュリアン・シュナーベル
出演:ウィレム・デフォー/ルパート・フレンド/ほか
[19年製作/イギリス・フランス・アメリカ/1時間50分]
https://gaga.ne.jp/gogh/

 

『潜水服は蝶の夢を見る』などのジュリアン・シュナーベル監督が、画家フィンセント・ファン・ゴッホの人生を描く伝記ドラマ。ゴッホを『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』などのウィレム・デフォーが演じ、第75回ベネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞。『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』などのオスカー・アイザックのほかマッツ・ミケルセン、監督としても活動しているマチュー・アマルリックらが共演する。


このページの先頭へ▲