リンク

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

シネマ歌舞伎 一谷嫩軍記 熊谷陣屋

 

7月22日(日)〜28日(土)

 

10:00 - (11:53終映)

 

*7月24日(火)休館

 

◆特別料金
一般料金 2,100円(税込) 学生・小人 1,500円(税込)
※特別興行につき各種割引料金の設定はございません。

 

出演:中村吉右衛門/中村富十郎/中村魁春/ほか
[11年製作/日本/1時間43分]

https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/16/

 

「平家物語」の一の谷合戦を題材にした歌舞伎の演目で、2010年4月に「歌舞伎座さよなら公演」として上演された舞台をシネマ歌舞伎として映像化。恩義のために敵の平家を助け、泣く泣くわが子を犠牲にした熊谷直実の悲話を重厚に描く。2011年には人間国宝に認定された二代目中村吉右衛門が熊谷直実にふんするほか、中村富十郎や坂田藤十郎が共演。若武者の死に驚き取り乱す2人の女形を制する「制札の見得(せいさつのみえ)」で見せる、圧倒的な吉右衛門の演技が見どころだ。


このページの先頭へ▲


ラッカは静かに虐殺されている


7月22日(日)〜28日(土)

 

13:00 - (14:42終映)

 

*7月24日(火)休館

 

監督:マシュー・ハイネマン
[17年製作/アメリカ/1時間32分/字幕]

http://www.uplink.co.jp/raqqa/

 

シリア内戦をテーマにしたドキュメンタリー。武装勢力ISに支配されたシリア北部の街の惨状を世界に発信している、市民ジャーナリスト集団の活動を追う。監督は第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『カルテル・ランド』のマシュー・ハイネマン。『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』などのアレックス・ギブニーが製作総指揮に名を連ねている。

*本作は損傷の激しい遺体、残虐な処刑のシーンがありますので、あらかじめ了承の上ご覧ください。また、16歳未満の年少者は保護者指導の元による鑑賞をお願いします。


このページの先頭へ▲


ダンガル きっと、つよくなる

 

7月22日(日)〜28日(土)

 

20:00 - (22:30終映)

 

*7月24日(火)休館

 

監督:ニテーシュ・ティワーリ
出演:アーミル・カーン/サークシー・タンワル/ほか
[16年製作/インド/2時間20分/字幕]

http://gaga.ne.jp/dangal/

 

『きっと、うまくいく』『PK ピーケイ』などのアーミル・カーンを主演に迎えた、実話を基にした感動作。オリンピック出場を諦めた男が、娘たちをレスリングの世界で羽ばたかせようとする。メガホンを取るのは、脚本家としても活動しているニテーシュ・ティワーリ。共演は、ザイラー・ワシーム、スハーニー・バトナーガルら。


このページの先頭へ▲


ゴッホ 最期の手紙

 

7月22日(日)〜28日(土)

 

17:30 - (19:16終映)

 

*7月24日(火)休館

 

監督:ドロタ・コビエラ
出演:ダグラス・ブース/ロベルト・グラチーク/ほか
[17年製作/イギリス・ポーランド/1時間36分/字幕]

http://www.gogh-movie.jp/

 

「ひまわり」などの名画で知られるフィンセント・ファン・ゴッホの謎に包まれた最期を、油絵のテイストで描いたサスペンス。自殺したとされる画家が弟に宛てた最後の手紙を託された主人公が、その責務を果たそうと奔走するうちにゴッホの死の真相に迫る姿を描く。油絵が実際に動いているかのように見える映像に注目。


このページの先頭へ▲


パティ・ケイク$

 

7月15日(日)〜21日(土)
12:40 / 20:00 - (21:59終映)
*7月17日(火)休館

 

7月22日(日)〜28日(土)
15:10 - (17:09終映)
*7月24日(火)休館

 

監督:ジェレミー・ジャスパー
出演:ダニエル・マクドナルド/ブリジット・エヴァレット/ほか
[17年製作/アメリカ/1時間49分/字幕]

http://www.patticakes.jp/

 

困難な状況に置かれながらもラップで成功を収めようと奮闘する女性を描き、サンダンス映画祭で話題を集めた青春音楽ドラマ。ニュージャージーで飲んだくれの母や車椅子の祖母と3人で暮らす23歳のパティは、憧れのラップ歌手O-Zのように音楽で成功して地元から抜け出すことを夢見ていた。しかし現実は金も仕事もなく、周囲からは見た目を嘲笑されるつらい日々。ある日、駐車場で行われていたフリースタイルラップバトルに参加した彼女は、渾身のライムで対戦相手を破り、諦めかけていた夢に再び挑戦するべく立ち上がる。そんな彼女のもとに、正式なオーディションに出場するチャンスが舞い込んでくる。「シークレット・デイ」のダニエル・マクドナルドが主演を務め、本作のためにラップを猛特訓。


このページの先頭へ▲