リンク

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

エルネスト

 

1月21日(日)〜27日(土)
12:20 - (14:34終映)

*1月23日(火)休館

 

1月28日(日)〜2月3日(土)
15:00 - (17:14終映)

*1月30日(火)休館

 

監督:阪本順治
出演:オダギリジョー/ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ/永山絢斗/ほか
[17年製作/日本・キューバ/2時間04分/字幕]

http://www.ernesto.jp/

 

キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと行動を共にした日系人のフレディ前村を題材にしたドラマ。留学先のキューバでゲバラに出会って心酔し、共にボリビア軍事政権に挑んだ彼の姿を描く。メガホンを取るのは『顔』などの阪本順治。オダギリジョー、永山絢斗、写真家、ダンサーでもあるホワン・ミゲル・バレロ・アコスタらが出演。

 

*****************************

 

★「エルネスト」阪本順治監督による舞台挨拶を開催致しました!

 

 

 

 

 

日:1月21日(日)

時:12:20の回上映後

登壇者:阪本順治監督

 

【ご入場方法】
当日9:00より鑑賞料と引き換えに整理券をお配り致します。
12:00より整理券番号順でのご入場となります。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。

 

沢山のお客様のご来館誠にありがとうございました。


このページの先頭へ▲


ドリーム

 

1月21日(日)〜27日(土)
9:30 / 15:00 - (17:17終映)

*1月23日(火)休館

 

1月28日(日)〜2月3日(土)
12:30 - (14:47終映)

*1月30日(火)休館

 

監督:セオドア・メルフィ
出演:タラジ・P・ヘンソン/オクタヴィア・スペンサー/ジャネール・モネイ/ほか
[16年製作/アメリカ/2時間07分/字幕]

http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/

 

人種差別が横行していた1960年代初頭のアメリカで、初の有人宇宙飛行計画を陰で支えたNASAの黒人女性スタッフの知られざる功績を描く伝記ドラマ。NASAの頭脳として尽力した女性たちを、タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサーが演じる。監督は『ヴィンセントが教えてくれたこと』などのセオドア・メルフィ。


このページの先頭へ▲


米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー(再上映)

 

1月14日(日)〜20日(土)
9:30 - (11:27終映)

*1月16日(火)休館

 

1月21日(日)〜27日(土)
17:40 - (19:37終映)

*1月23日(火)休館

 

監督:佐古忠彦
出演:瀬長亀次郎/ほか
[17年製作/日本/1時間47分]

http://www.kamejiro.ayapro.ne.jp/

 

占領下の沖縄で米軍の弾圧にひるむことなく非難の声を上げ続けた政治家の瀬長亀次郎氏の人生をひもとくドキュメンタリー。2016年にテレビ番組「報道の魂」で放送された内容に追加取材や再編集を行い、瀬長氏の闘いを描く。監督は、長年TBSでキャスターを務めてきた佐古忠彦。テーマ音楽を坂本龍一が担当する。ご好評につき再上映決定!!

 

***************************************

 

★「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」舞台挨拶を開催致しました!

 

日:1月14日(日)
時:9:30の回上映後
登壇者:佐古忠彦監督

 

 

 

 


【ご入場方法】

当日9:00より劇場オープン致しますので受付をお済みの方からご入場をお願い致します。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。

 

沢山のお客様のご来館誠に有難うございました。


このページの先頭へ▲


三度目の殺人

 

1月14日(日)〜20日(土)
12:00 / 17:30 - (19:45終映)

*1月16日(火)休館

 

1月21日(日)〜27日(土)
20:00 - (22:15終映)

*1月23日(火)休館

 

監督:是枝裕和
出演:福山雅治/役所広司/広瀬すず/斉藤由貴/市川実日子/ほか
[17年製作/日本/2時間5分]

http://gaga.ne.jp/sandome/

 

第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描く。弁護士や検事への取材に加え、作品の設定通りに実施した模擬裁判で出てきたリアルな反応や言動などを脚本に反映。福山ふんする主人公が弁護を担当する殺人犯を、役所広司が演じる。


このページの先頭へ▲