リンク

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

現在上映中・今後の上映 (2017/10/21更新)

10月22日(日)〜28日(土)
『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』
10:00/18:00

 

『ふたりの桃源郷』
13:00

 

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
15:20/20:00

 

10月29日(日)〜11月4日(土)
『22年目の告白-私が殺人犯です-』
10:00/20:00

 

『ヒトラーへの285枚の葉書』
13:00/17:30

 

『ふたりの桃源郷』
15:20

 

11月5日(日)〜11日(土)
『セールスマン』
10:00/17:30

 

『夜明けの祈り』
13:00/20:00

 

『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
15:30


このページの先頭へ▲


ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

 

11月5日(日)〜11日(土)

 

15:30 - (17:05終映)

 

*11月7日(火)休館

 

監督:スティーヴン・カンター
出演:セルゲイ・ポルーニン/ガリーナ・ポルーニナ/ほか
[16年製作/イギリス・アメリカ/1時間25分/字幕]

http://www.uplink.co.jp/dancer/

 

英国ロイヤル・バレエ団で名をはせるものの、数年で退団したバレエ界の異端児セルゲイ・ポルーニンを追ったドキュメンタリー。退団後に発表された「Take Me To Church」のミュージックビデオで再び注目を浴び、類いまれな才能を持て余す彼の知られざる素顔を、本人や家族、関係者のインタビューから解き明かす。『ピクシーズ/ラウド・クァイエット・ラウド』などのスティーヴン・カンターが監督を務める。


このページの先頭へ▲


夜明けの祈り

 

11月5日(日)〜11日(土)

 

13:00 / 20:00 - (22:05終映)

 

*11月7日(火)休館

 

監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:ルー・ドゥ・ラージュ/アガタ・ブゼク/ほか
[16年製作/フランス・ポーランド/1時間55分/字幕]

http://yoake-inori.com/

 

第42回セザール賞で、作品賞、監督賞などにノミネートされた、実話をベースにしたドラマ。第2次世界大戦終結後のポーランドで、ソ連兵からの陵辱が原因で妊娠してしまったシスターたちの苦悩と向き合ったフランス人女性医師の姿を追う。監督は『ボヴァリー夫人とパン屋』などのアンヌ・フォンテーヌ。


このページの先頭へ▲


セールスマン

 

11月5日(日)〜11日(土)

 

10:00 / 17:30 - (19:44終映)

 

*11月7日(火)休館

 

監督:アスガー・ファルハディ
出演:シャハブ・ホセイニ/タラネ・アリドゥスティ/ほか
[16年製作/イラン・フランス/2時間4分/字幕]

http://www.thesalesman.jp/

 

『別離』『ある過去の行方』などのアスガー・ファルハディ監督がメガホンを取ったサスペンスドラマ。不幸な事件をきっかけに、平穏な日々を送っていた夫婦の人生が少しずつ狂い始める様子を丁寧に描写する。ファルハディ監督作『彼女が消えた浜辺』でも共演したシャハブ・ホセイニとタラネ・アリドゥスティが夫婦を熱演。思いがけないてん末に驚がくする。


このページの先頭へ▲


ヒトラーへの285枚の葉書

 

10月29日(日)〜11月4日(土)

 

13:00 / 17:30 - (19:23終映)

 

*10月31日(火)休館

 

監督:ヴァンサン・ペレーズ
出演:エマ・トンプソン/ブレンダン・グリーソン/ダニエル・ブリュール/ほか
[17年製作/ドイツ・フランス・イギリス/1時間43分/字幕]

http://hitler-hagaki-movie.com/

 

『天使の肌』で監督も務めた俳優のヴァンサン・ペレーズがメガホンを取り、ハンス・ファラダの小説を映画化。実話を基に、ペンと葉書でアドルフ・ヒトラー率いる政権にノーを突き付けたごく普通の労働者夫婦の勇気ある行動を描写する。『ハワーズ・エンド』などのエマ・トンプソンと『ヒットマンズ・レクイエム』などのブレンダン・グリーソンが妻と夫を熱演。強大な相手にもひるむことなく立ち向かった市井の人々の足跡に胸が締め付けられる。


このページの先頭へ▲


22年目の告白 -私が殺人犯です-

 

10月29日(日)〜11月4日(土)

 

10:00 / 20:00 - (22:07終映)

 

*10月31日(火)休館

 

監督:入江悠
出演:藤原竜也/伊藤英明/夏帆/仲村トオル/ほか
[17年製作/日本/1時間57]

http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/

 

未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。韓国映画『殺人の告白』をベースに、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督がメガホンを取り、日本ならではの時事性を加えてアレンジ。日本中を震撼させる殺人手記を出版する殺人犯を藤原竜也、事件発生時から犯人を追ってきた刑事を伊藤英明が演じる。


このページの先頭へ▲