リンク

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

現在上映中・今後の上映 (2018/6/16更新)

6月17日(日)〜23日(土)
『シェイプ・オブ・ウォーター』
9:30/15:00

 

『北の桜守』
12:20

 

『あなたの旅立ち、綴ります』
17:40

 

『ラッキー』
20:00

 

6月24日(日)〜30日(土)
『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
10:00/17:30

 

『大英博物館プレゼンツ 北斎』
13:00

 

『馬を放つ』
15:00

 

『シェイプ・オブ・ウォーター』
20:00

 

7月1日(日)〜7日(土)
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
10:00/15:10

 

『港町』
12:30

★7月4日(水)「港町」想田和弘監督による舞台挨拶を開催致します!

 

『馬を放つ』
17:50
*7月6.7日は休映となります。

 

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
20:00
*7月6.7日は休映となります。

 

7月8日(日)〜14日(土)
『おもてなし』
10:00

 

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
12:40/20:00
*7月8日20時のみ休映となります。

 

『ザ・シークレットマン』
15:10

 

『港町』
17:30
*7月8日は休映となります。


このページの先頭へ▲


ザ・シークレットマン

 

7月8日(日)〜14日(土)

 

15:10 - (17:03終映)

 

*7月10日(火)休館

 

監督:ピーター・ランデズマン
出演:リーアム・ニーソン/ダイアン・レイン/マートン・ソーカス/ほか
[17年製作/アメリカ/1時間43分/字幕]

http://www.secretman-movie.com/

 

1970年代のウォーターゲート事件の際に内部告発し、ディープ・スロートと呼ばれた人物の実話を描くサスペンス。民主党本部盗聴事件の捜査を担当したマーク・フェルトFBI副長官がマスコミに捜査内容をリークし、ニクソン大統領を辞任に追い込むまでを描き出す。FBI副長官を『96時間』シリーズなどのリーアム・ニーソンが演じ、『運命の女』などのダイアン・レインらが共演。監督は『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』などのピーター・ランデズマン。


このページの先頭へ▲


おもてなし

 

7月8日(日)〜14日(土)

 

10:00 - (11:46終映)

 

*7月10日(火)休館

 

監督:ジェイ・チャン
出演:田中麗奈/ワン・ポーチエ/余貴美子/香川京子/ほか
[17年製作/日本・台湾/1時間36分]

http://omotenashi-movie.net/

 

『九月に降る風』などのワン・ポーチエを主要キャストに迎え、地域活性化と共に関西の魅力を広めるために日台合作で製作する人間ドラマ。経営難に陥った日本の旅館を舞台に、復活を目指して奮闘する人々の姿を映す。田中麗奈、余貴美子、木村多江らが出演。ボーダーレスでパワフルな物語に引き込まれる。


このページの先頭へ▲


港町

 

7月1日(日)〜7日(土)
12:30 - (14:42終映)
*7月3日(火)休館

★7月4日(水)上映後 想田和弘監督による舞台挨拶を開催致します!

 

7月9日(月)〜14日(土)
17:30 - (22:06終映)
*7月10日(火)休館

 

監督:想田和弘
[18年製作/日本・アメリカ/2時間02分]

http://minatomachi-film.com/

 

『選挙』シリーズや『精神』などの想田和弘監督による観察映画第7弾。前作『牡蠣工場』の撮影で出会った人々にフォーカスし、穏やかな内海に面した港町の日常を全編モノクロームで映し出す。『精神』や『牡蠣工場』に携わった柏木規与子が製作を担当した。

 

*****************************

 

★「港町」想田和弘監督による舞台挨拶を開催致します!

 

日:7月4日(水)

時:12:30の回上映後


【ご入場方法】

当日9:30より鑑賞料と引き換えに整理券をお配り致します。
12:15より整理券番号順でのご入場となります。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。


このページの先頭へ▲


ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

 

7月1日(日)〜7日(土)
10:00 / 15:10 - (17:16終映)
*7月3日(火)休館

 

7月8日(日)*〜14日(土)
12:40 / 20:00* - (22:06終映)
*7月10日(火)休館
*7月8日20時の回は休映

 

 

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:メリル・ストリープ/トム・ハンクス/サラ・ポールソン/ほか
[17年製作/アメリカ/1時間56分/字幕]

http://pentagonpapers-movie.jp/

 

メリル・ストリープとトム・ハンクスが共演し、スティーヴン・スピルバーグがメガホンを取った社会派ドラマ。実在の人物をモデルに、都合の悪い真実をひた隠しする政府に対して一歩も引かない姿勢で挑んだジャーナリストたちの命懸けの戦いを描写する。『コンテンダー』などのサラ・ポールソンやドラマシリーズ「ベター・コール・ソウル」などのボブ・オデンカークらが出演。脚本を『スポットライト 世紀のスクープ』で第88回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーらが担当した。


このページの先頭へ▲


馬を放つ

 

6月24日(日)〜30日(土)
15:00 - (16:39終映)
*6月26日(火)休館

 

7月1日(日)〜5日(木)*
17:50 - (19:29終映)
*7月3日(火)休館
*7/5日(木)までの上映となります。

 

監督:アクタン・アリム・クバト
出演:アクタン・アリム・クバト/ヌラリー・トゥルサンコジョフ/ほか
[17年製作/キルギスほか/1時間29分/字幕]

http://www.bitters.co.jp/uma_hanatsu/

 

『あの娘と自転車に乗って』『明りを灯す人』などのアクタン・アリム・クバトが監督と出演を兼ねたドラマ。キルギスの伝説を信じて毎夜馬を盗み野に放っている男の姿を描く。共演は、ヌラリー・トゥルサンコジョフ、ザレマ・アサナリヴァら。キルギスの自然の描写、文化的アイデンティティーが失われていく現代社会へのメッセージを含んだストーリーに注目。


このページの先頭へ▲


大英博物館プレゼンツ 北斎

 

6月24日(日)〜30日(土)

 

13:00 - (14:37終映)

 

*6月26日(火)休館

 

監督:パトリシア・ウィートレイ
出演:デヴィッド・ホックニー/ティム・クラーク/ほか
[17年製作/イギリス/1時間27分/字幕]

http://hokusai-movie.jp/

 

イギリスの大英博物館で展覧会が行われた江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の作品を掘り下げたドキュメンタリー。2017年に開催された「Hokusai: Beyond the Great Wave」を追い、日本の職人への取材を行ったほか、芸術家のデヴィッド・ホックニーやアメリカ在住の日本画家・出口雄樹などの協力を得て北斎の芸術性に迫る。ナレーションを『猿の惑星』シリーズなどの俳優アンディ・サーキスが務める。


このページの先頭へ▲


しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

 

6月24日(日)〜30日(土)
10:00 / 17:30 - (19:36終映)
*6月26日(火)休館

 

7月1日(日)〜5日(木)*
20:00 - (22:06終映)
*7月3日(火)休館

*7/5日(木)までの上映となります!

 

監督:アシュリング・ウォルシュ
出演:サリー・ホーキンス/イーサン・ホーク/ほか
[16年製作/カナダ・アイルランド/1時間56分/字幕]

http://shiawase-enogu.jp/

 

美しい風景や動物たちを描いた素朴な作風で知られるカナダの画家モード・ルイスの伝記ドラマ。絵と自由を愛したモードの人生を、彼女を支え続けた夫との関係を軸に描き出す。モードを『ハッピー・ゴー・ラッキー』などのサリー・ホーキンス、夫を『6才のボクが、大人になるまで。』などのイーサン・ホークが演じる。ドラマ「刑事ヴァランダー2 白夜の戦慄」などのアシュリング・ウォルシュがメガホンを取った。


このページの先頭へ▲


ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜

 

4月1日(日)〜7日(土)


10:00 / 17:20 - (19:36終映)


*4月3日(火)休館

 

監督:滝田洋二郎
出演:二宮和也/西島秀俊
/綾野剛/宮崎あおい/ほか
[17年製作/日本/2時間06分]

http://www.last-recipe.jp/

 

『おくりびと』などの滝田洋二郎監督と『母と暮せば』などの二宮和也が初タッグを組み、幻のレシピを追い求める男の姿を描く感動作。“麒麟の舌”と呼ばれる究極の味覚を持つ料理人が、戦時下の混乱の中で消失した伝説の“料理全席”を追い求めるうちに、約70年前のある謎に迫る姿を描写する。西島秀俊、宮崎あおい、綾野剛、竹野内豊といったキャスト陣が共演。異なる時代に生きた二人の天才料理人の宿命に息をのむ。


このページの先頭へ▲