リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

現在上映中・今後の上映 (2019/11/16更新)

11月17日(日)〜23日(土)
『マーウェン』
10:00/20:00

 

『風をつかまえた少年』
13:00

 

『いちごの唄』
15:30

 

『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』
18:00

 

11月24日(日)〜30日(土)
『よこがお』
9:30

 

『マーウェン』
12:30

 

『風をつかまえた少年』
15:00

 

『メランコリック』
17:30

 

『Girl/ガール』
20:00

 

11/26日(火)

【深谷シネマ映画ミーツ浪曲】映画上映&生浪曲公演

映画『呼子星』 浪曲『金魚夢幻』

13:00

 

12月1日(日)〜7日(土)
『命みじかし、恋せよ乙女』
9:30

 

『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』
12:20

 

『メランコリック』
15:10

 

『よこがお』
17:40

 

『ロビンソンの庭』
20:00

 

12月8日(日)〜14日(土)
『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』
9:30

★初日12/8日上映後・佐古忠彦監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

『台風家族』
13:00

 

『あなたの名前を呼べたなら』
15:20

 

『命みじかし、恋せよ乙女』
17:30

 

『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』
20:00


このページの先頭へ▲


あなたの名前を呼べたなら

 

12月8日(日)〜14日(土)
15:20 - (17:09終映)
*12月10日(火)休館

 

12月15日(日)〜23日(月)
20:00 - (21:49終映)
*12月17日(火)休館

 

監督:ロヘナ・ゲラ
出演:ティロタマ・ショーム/ビベーク・ゴーンバル/ほか
[18年製作/インド・フランス合作/1時間39分/字幕]
http://anatanonamae-movie.com/

 

助監督や脚本家としてヨーロッパでも活躍するムンバイ出身の女性監督ロヘナ・ゲラの長編デビュー作。経済の発展が著しいインドのムンバイで農村出身のラトナはファッションデザイナーを夢見ながら、メイドとして働いていた。夫を亡くしたラトナは建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭で住み込みで働く予定だった。しかし、婚約者の浮気が発覚して直前で破談となってしまい、広すぎる高級マンションに1人で暮らすことになった傷心のアシュヴィンを気遣いながら、ラトナは彼の身の回りの世話をしていた…。主人公・ラトナ役を「モンスーン・ウェディング」のティロタマ・ショーム、御曹司のアシュヴィン役を「裁き」のビベーク・ゴーンバルがそれぞれ演じる。


このページの先頭へ▲


台風家族

 

12月8日(日)〜14日(土)
13:00 - (14:58終映)
*12月10日(火)休館

 

12月15日(日)〜23日(月)
17:40 - (19:38終映)
*12月17日(火)休館

 

監督:市井昌秀
出演:草なぎ剛/新井浩文/MEGUMI/中村倫也/尾野真千子/ほか
[19年製作/日本/1時間48分]
http://kamejiro2.ayapro.ne.jp/

 

「箱入り息子の恋」の市井昌秀監督のオリジナル脚本で、草なぎ剛、MEGUMI、中村倫也、尾野真千子、藤竜也らが演じるひとクセある家族たちの姿を、ブラックユーモアを交えて描いたコメディドラマ。鈴木一鉄と妻の光子は銀行から2000万円もの大金を強奪し、行方がわからくなっていた。事件から10年たったある日、いまだに所在がわからない両親の仮想葬儀で財産分与をおこなうため、鈴木家の子どもたちが集まる。どんな仕事も長続きしない長男の小鉄は妻の美代子、娘のユズキとともに10年ぶりに実家へ訪れ、長女の麗奈、次男の京介とともに、空の棺おけを2つ並べた見せかけだけの葬儀を始める…。
長男役の草なぎ、長男の妻役の尾野、父親役の藤のほか、MEGUMI、中村倫也、榊原るみらが顔をそろえる。


このページの先頭へ▲


米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯

 

12月8日(日)〜14日(土)
9:30 - (11:48終映)
*12月10日(火)休館
★初日12月8日(日)上映後・佐古忠彦監督監督による舞台挨拶開催!

 

12月15日(日)〜23日(月)
15:00 - (17:18終映)
*12月17日(火)休館

 

監督:佐古忠彦
出演:瀬長亀次郎/ほか
[19年製作/日本/2時間08分]
http://kamejiro2.ayapro.ne.jp/

戦後、占領下の沖縄で米軍の圧政と戦った政治家・瀬長亀次郎の生き様を描いたドキュメンタリーの第2弾。那覇市長や衆議院議員を務め、不屈の精神で戦い続けた瀬長亀次郎の人生を追い、平成30年度文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞など数々の映画賞を受賞した前作「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」に続く今作では、カメジローの生涯をさらに深く掘り下げると同時に、本土復帰へ向けた激動の沖縄を描き出していく。カメジローが残していた230冊を超える日記を丹念に読み解き、妻や娘らと過ごす家族の日常や、政治家・夫・父親などカメジローのさまざまな顔を浮かび上がらせていくほか、1971年12月4日の衆議院沖縄・北方問題特別委員会で時の首相・佐藤栄作と繰り広げた激論の記録映像が収められ、現代へと続く沖縄の解決されない問題や事象の原点を浮き彫りにする。


*********************************

 

「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

日:12月8日(日)

時:9:30の回上映後

登壇者:佐古忠彦監督

 

【ご入場方法】
12/8日当日9:00よりご入場開始。(全席自由席)
なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。


このページの先頭へ▲


ロビンソンの庭

 

12月1日(日)〜7日(土)

 

20:00 - (22:09終映)

 

*12月3日(火)休館

 

監督:山本政志
出演:太田久美子/町田町蔵/上野裕子/ほか
[1987年製作/日本/1時間59分]
https://robinsonsgarden.jimdosite.com/

 

「闇のカーニバル」などの鬼才・山本政志監督が、1987年に発表した劇場映画デビュー作。終末感と生命力の対比を幻想的な映像と力強い音楽、個性あふれるキャストによって描き、ロカルノ国際映画祭審査員特別賞、ベルリン国際映画祭ZITTY賞など世界各地の映画祭で評価された。流れ者たちの吹き溜まりのような外国人ハウスに暮らしながら、日銭を稼ぐ日々を送るクミ。そんなある日、緑の生い茂る廃墟に迷い込んだ彼女は、奇妙な懐かしさを抱き、そこに移り住む。それ以来、昼は畑を耕し、夜は星を眺めるというロビンソン・クルーソーのような生活を送り始めるが……。「闇のカーニバル」でも主演を務めた太田久美子と、後に作家として芥川賞を受賞する町田康を中心に、ハードコアパンクバンド「GIZM」の横山SAKEVIや「JAGATARA(じゃがたら)」のOTO、江戸アケミら個性的なキャストが集結。ジム・ジャームッシュ監督作「ストレンジャー・ザン・パラダイス」のトム・ディッチロが撮影を担当したほか、後に名匠として知られるようになる平山秀幸が助監督、諏訪敦彦が演出補として参加している。2019年7月にHDリマスター版でリバイバル公開。


このページの先頭へ▲


工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男

 

12月1日(日)〜7日(土)
12:20 - (14:47終映)
*12月3日(火)休館

 

12月8日(日)〜14日(土)
20:00 - (22:27終映)
*12月10日(火)休館

 

監督:ユン・ジョンビン
出演:ファン・ジョンミン/イ・ソンミン/チョ・ジヌン/ほか
[18年製作/韓国/2時間17分/字幕]
http://kosaku-movie.com/

 

北朝鮮の核開発をめぐり緊迫する1990年代の朝鮮半島を舞台に、北への潜入を命じられた韓国のスパイの命を懸けた工作活動を描き、韓国で数々の映画賞を受賞したサスペンスドラマ。92年、北朝鮮の核開発により緊張状態が高まるなか、軍人だったパク・ソギョンは核開発の実態を探るため、「黒金星(ブラック・ヴィーナス)」というコードネームの工作員として、北朝鮮に潜入する…。


このページの先頭へ▲


命みじかし、恋せよ乙女


12月1日(日)〜7日(土)
9:30 - (11:37終映)
*12月3日(火)休館

 

12月8日(日)〜14日(土)
17:30 - (19:37終映)
*12月10日(火)休館

 

監督:ドーリス・デリエ
出演:ゴロ・オイラー/入月絢/樹木希林/ほか
[19年製作/ドイツ/1時間57分/字幕]
https://gaga.ne.jp/ino-koi/

 

2018年9月に他界した樹木希林が初めて出演した海外製作作品で、女優として最後の出演作となったドイツ映画。桃井かおり出演の「フクシナ・モナムール」など、これまでにも日本を舞台にした作品を手がけてきたドイツ出身のドーリス・デリエ監督が、孤独なドイツ人男性と、男の父親と親交のあった日本人女性が、人生を取り戻すためにともに旅する姿を描いた。


このページの先頭へ▲


よこがお

 

11月24日(日)〜30日(土)
9:30 - (11:31終映)
*11月26日(火)休館

 

12月1日(日)〜7日(土)
17:40 - (19:41終映)
*12月3日(火)休館

 

監督:深田晃司
出演:筒井真理子/市川実日子/池松壮亮/ほか
[19年製作/日本/1時間51分]
https://yokogao-movie.jp/

 

カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した「淵に立つ」の深田晃司監督が、同作でもタッグを組んだ筒井真理子を再び主演に迎え、不条理な現実に巻き込まれたひとりの善良な女性の絶望と希望を描いたサスペンス。周囲からの信頼も厚い訪問看護師の市子は、1年ほど前から看護に通っている大石家の長女・基子に、介護福祉士になるための勉強を見てやっていた。ニートだった基子は気の許せる唯一無二の存在として市子を密かに慕っていたが、基子から市子への思いは憧れ以上の感情へと変化していった…。
主人公・市子役を筒井が演じるほか、市川実日子、池松壮亮、吹越満らが脇を固める。


このページの先頭へ▲


【映画上映&生浪曲公演】映画『呼子星』 浪曲『金魚夢幻』

 

【映画上映&生浪曲公演】

 

11月26日(火)

13:00 - (15:00終演予定)

 

●料金 2,800円
当館受付かお電話にて予約受け付け中。(048-551-4592)

定員に達し次第受付終了。(定員に達した場合は当日券なし)

 

◆映画上映『呼子星』

監督:吉村廉
出演:三益愛子/松島トモ子/三橋達也/小林桂樹/ほか
[1952年製作/日本/1時間23分]

脚本は「黄金獣」の笠原良三、監督は「母子船」の吉村廉に濱野信彦が補佐し、「馬喰一代(1951)」の峰重義が撮影に当たっている。出演者は「瞼の母(1952)」の三益愛子、「群狼の街」の三橋達也と星美智子、「のど自慢三羽烏」の小林桂樹ほか、伊丹秀子、広沢虎造、寿々木米若などの浪曲師が特別出演している。


◆浪曲『金魚夢幻』
作・玉川奈々幅

浪曲師:玉川奈々幅
曲師:沢村豊子

物語:当代随一の金魚師、伝助は、稼いだ金をすべて新しい金魚の開発につぎこむため、借金だらけ。そんな彼が、かつてない色をした美しい金魚・マボロシをつくりだす。マボロシは、他の金魚たちからいじめられる。伝助の言葉から、生きる希望を見つけたマボロシだったが…。

 

【プロフィール】

浪曲師 玉川奈々幅

横浜市出身。浪曲新時代の旗手と言える存在。1995年に二代目玉川福太郎に曲師として入門後、2001年より浪曲師として活動。古典から自作の新作まで幅広い持ちネタを披露。さまざまな浪曲イベントをプロデュースするなど、多岐にわたって活躍している。本年、第11回伊丹十三賞受賞。


曲師 沢村豊子

福岡県大牟田市出身。御年82歳の浪曲界の至宝。11歳で浪曲界入りし、17歳で故・国友忠の相三味線となり、その後、三波春夫、村田英雄、二葉百合子などの曲師も努めた。近年はベテランから若手まで隔てなく曲師を努め、磨きのかかった至芸で、浪曲師を導いている。玉川奈々幅とのコンビは絶品。


このページの先頭へ▲


Girl/ガール

 

11月24日(日)〜30日(土)

 

20:00 - (21:55終映)

 

*11月26日(火)休館

 

監督:ルーカス・ドン
出演:ビクトール・ポルスター/アリエ・ワルトアルテ/ほか
[18年製作/ベルギー/1時間45分/字幕]
http://girl-movie.com/

 

トランスジェンダーの主人公が、バレリーナを目指して葛藤や苦悩を乗り越えながら夢を追いかける姿を描いたドラマ。男性の体にうまれたトランスジェンダーのララは、バレリーナになることが夢で、強い意志と才能、そして血がにじむような努力で、難関とされるバレエ学校への入学を認められる。しかし、成長とともに変わっていく体によってうまく踊れなくなることへの焦りや、ララに対するクラスメイトの嫉妬や嫌がらせにより、次第に心身ともに追い込まれていく。2018年・第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品され、これが長編デビュー作のルーカス・ドン監督がカメラドール(新人監督賞)、主演のビクトール・ポルスターが最優秀俳優賞を受賞した。


このページの先頭へ▲