リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

現在上映中・今後の上映 (2019/1/12更新)

1月13日(日)〜19日(土)

『泣き虫しょったんの奇跡』
10:00

 

『若おかみは小学生!』
13:30/17:40

 

『禁じられた遊び』
15:40

 

『愛しのアイリーン』
20:00

 

1月20日(日)〜26日(土)

『沖縄スパイ戦史』
10:00

 

『散り椿』
12:30/17:40

 

『愛しのアイリーン』
14:50

 

『若おかみは小学生!』
20:00

 

1月27日(日)〜2月2日(土)

『散り椿』
10:00

 

『沖縄スパイ戦史』
12:50

 

『1987、ある闘いの真実』
15:20

 

『顔たち、ところどころ』
18:00

 

『きみの鳥はうたえる』
20:00

 

2月3日(日)〜9日(土)

『旅猫リポート』
10:00/15:30

 

『津軽のカマリ』
13:00

 

『あまねき旋律(しらべ)』
18:00

 

『1987、ある闘いの真実』
20:00

 

2月10日(日)〜16日(土)

『旅猫リポート』
10:00

 

『Workers 被災地に起つ』
12:50

★初日上映後・森康行監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

『寝ても覚めても』
15:00/20:00

 

『津軽のカマリ』
17:30


このページの先頭へ▲


寝ても覚めても

 

2月10日(日)〜16日(土)

 

15:00 / 20:00 - (22:09終映)

 

*2月12日(火)休館

 

監督:濱口竜介
出演:東出昌大/唐田えりか/瀬戸康史/ほか
[18年製作/日本/1時間59分]
http://netemosametemo.jp/

 

第32回野間文芸新人賞に輝いた柴崎友香の小説を映画化したラブストーリー。突然行方をくらました恋人を忘れられずにいる女性が、彼とうり二つの男性と出会って揺れ動くさまを追う。メガホンを取るのは『ハッピーアワー』などの濱口竜介。主演を東出昌大、ヒロインをテレビドラマ「ブランケット・キャッツ」などの唐田えりかが務める。ヒロインが惹かれる二人の男性を東出が一人二役で演じる。


このページの先頭へ▲


Workers 被災地に起つ

 

2月10日(日)〜16日(土)
12:50 - (14:29終映)
*2月12日(火)休館
★2/10日(日)上映後・森康行監督による舞台挨拶を開催!

 

2月17日(日)〜23日(土)
17:40 - (19:19終映)
*2月19日(火)休館

 

監督:森康行
[18年製作/日本/1時間29分]
http://workers2-movie.roukyou.gr.jp/

 

労働者や使用者といった枠組みをはずし、出資者が平等な立場で事業や経営に参加できる協同組合「ワーカーズコープ」による東日本大震災の被災地での取り組みの様子を追ったドキュメンタリー。ひとりひとりの願いや困りごとから始まるワーカーズコープは、東日本大震災の被災地となった岩手県大槌、宮城県気仙沼、亘理、登米でもおこなわれてきた。子どもや障がい児を預かる場、高齢者が安心して暮らせる街づくり、地元の資源を生かした地域の復興などを模索し、実践していった。そこから見えてくるのは、これからの日本を考える上で見直されている「ともに生きる社会」の原点だった。

 

*********************************
 

★「Workers 被災地に起つ」森康行監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

日:2月10日(日)

時:12:50の回上映後

 

【ご入場方法】
当日9:30より鑑賞料と引き換えに整理券をお配り致します。
12:20より整理券番号順でのご入場となります。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。


このページの先頭へ▲


あまねき旋律(しらべ)

 

2月3日(日)〜9日(土)

 

18:00 - (19:33終映)

 

*2月5日(火)休館

 

監督:アヌシュカ・ミーナークシイーシュワル・シュリクマール
[18年製作/インド/1時間23分/字幕]
http://amaneki-shirabe.com/

 

インドの農村で語り継がれてきた歌をめぐる音楽ドキュメンタリー。急斜面に作られた棚田の風景や季節の移ろい、村人たちの生活や農作業の一部始終を淡々と映す。共同で監督を務めたのは、インド南部出身のアヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマール。山形国際ドキュメンタリー映画祭2017の「アジア千波万波」部門で奨励賞と日本映画監督協会賞を受賞したほか、世界各地の映画祭で上映された。


このページの先頭へ▲


津軽のカマリ

 

2月3日(日)〜9日(土)
13:00 - (14:54終映)
*2月5日(火)休館

 

2月10日(日)〜16日(土)
17:30 - (19:24終映)
*2月12日(火)休館

 

監督:大西功一
出演:初代・高橋竹山/二代目・高橋竹山/ほか
[18年製作/日本/1時間44分]
http://www.tsugaru-kamari.com/

 

『スケッチ・オブ・ミャーク』などの大西功一が監督を務め、津軽三味線の名人の初代・高橋竹山に迫ったドキュメンタリー。幼くして視力を奪われながらも、三味線だけを頼りに生き抜いた初代・高橋竹山の在りし日の姿を映し出す。二代目・高橋竹山や、弟子の西川洋子らが出演。残された貴重な映像や音源が披露される。


このページの先頭へ▲


旅猫リポート

 

2月3日(日)〜9日(土)
10:00 / 15:30 - (17:38終映)
*2月5日(火)休館

 

2月10日(日)〜16日(土)
10:00 - (12:08終映)
*2月12日(火)休館

 

監督:三木康一郎
出演:福士蒼汰/広瀬アリス/大野拓朗/ほか
[18年製作/日本/1時間58分]
http://tabineko-movie.jp/#/boards/tabinekokansou

 

『イン・ザ・ヒーロー』『曇天に笑う』などの福士蒼汰を主演に迎え、有川浩のベストセラー小説を映画化したドラマ。新しい飼い主を探すため、日本全国を旅する主人公と彼の愛猫の姿を描写する。『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』でも有川の映画化作品のメガホンを取った三木康一郎が監督を担当。美しい日本の風景を背景に描かれる旅路が忘れ難い。


このページの先頭へ▲


きみの鳥はうたえる

 

1月27日(日)〜2月2日(土)

 

20:00 - (21:56終映)

 

*1月29日(火)休館

 

監督:三宅唱
出演:柄本佑/石橋静河/染谷将太/ほか
[18年製作/日本/1時間46分]
http://kiminotori.com/

 

『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』 『オーバー・フェンス』 の原作者・佐藤泰志の小説を映画化した青春ドラマ。『THE COCKPIT』などの三宅唱が監督を務め、函館市郊外の書店を軸に1人の女性と2人の男性が織り成す人間模様を映し出す。柄本佑と『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』などの石橋静河、染谷将太らが共演。


このページの先頭へ▲


顔たち、ところどころ

 

1月27日(日)〜2月2日(土)

 

18:00 - (19:39終映)

 

*1月29日(火)休館

 

監督:アニエス・ヴァルダ/JR
[18年製作/フランス/1時間29分/字幕]
https://www.uplink.co.jp/kaotachi/

 

『幸福(しあわせ)』『冬の旅』などのアニエス・ヴァルダと、アーティストのJRが監督を務めたドキュメンタリー。世代の違う二人が、フランスの田舎で暮らす人々と触れ合いながら作品を作り上げていく様子を映す。本作はカンヌ国際映画祭のほか、さまざまな映画祭で評価され、第90回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にもノミネートされた。


このページの先頭へ▲


1987、ある闘いの真実

 

1月27日(日)〜2月2日(土)
15:20 - (17:39終映)
*1月29日(火)休館

 

2月3日(日)〜9日(土)
20:00 - (22:19終映)
*2月5日(火)休館

 

監督:チャン・ジュナン
出演:キム・ユンソク/ハ・ジョンウ/ユ・ヘジン/ほか
[17年製作/韓国/2時間09分/字幕]
http://1987arutatakai-movie.com/

 

翌年にオリンピックが開催される韓国で吹き荒れた民主化闘争に迫る社会派ドラマ。警察で取り調べを受けた1人の大学生の死をきっかけに、国民が立ち上がった韓国の激動を活写する。『チェイサー』などのキム・ユンソクをはじめ、ハ・ジョンウ、ソル・ギョング、カン・ドンウォンらが出演。『ファイ 悪魔に育てられた少年』などのチャン・ジュナンが監督を務める。


このページの先頭へ▲


散り椿

 

1月20日(日)〜26日(土)
12:30 / 17:40 - (19:42終映)
*1月22日(火)休館

 

1月27日(日)〜2月2日(土)
10:00 - (12:02終映)
*1月29日(火)休館

 

監督:木村大作
出演:岡田准一/西島秀俊/黒木華/池松壮亮/ほか
[18年製作/日本/1時間52分]
http://www.chiritsubaki.jp/

 

岡田准一が主演を務め、カメラマンのみならず『劔岳 点の記』で監督もこなした木村大作と組んだ時代劇。葉室麟の小説を基に、誰にも恥じない生き方を貫こうとする実直な武士たちの姿を描く。『明日への遺言』などで監督としても活躍する小泉堯史が脚本を担当。西島秀俊をはじめ、黒木華、池松壮亮、奥田瑛二らが共演している。


このページの先頭へ▲