リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

小さな恋のメロディ

 

9月15日(日)〜21日(土)

 

12:30 - (14:26終映)

 

*9月17日(火)休映

 

監督:ワリス・フセイン
出演:マーク・レスター/トレイシー・ハイド/ほか
[1971年製作/イギリス/1時間46分/字幕]
http://cinemakadokawa.jp/seishuneiga/

 

11歳の少年少女の初恋の行方を描き、日本では「ビー・ジーズ」によるテーマ曲「メロディ・フェア」と併せて大ヒットを記録した青春ラブストーリー。ロンドンのパブリックスクールに通う引っ込み思案な少年ダニエルは、やんちゃな同級生トムと大の仲良しで、いつも一緒に遊んでいた。ある日の放課後、女子生徒のバレエの練習をのぞき見したダニエルは、メロディという少女に心を奪われる。2人はひかれ合い、やがて結婚の約束をするが……。後に「ミッドナイト・エクスプレス」「ミシシッピー・バーニング」などの監督を手がけるアラン・パーカーが脚本を担当。2019年6月、デジタルリマスター版でリバイバル上映。


このページの先頭へ▲


ドント・ウォーリー

 

9月8日(日)〜14日(土)
10:00 / 20:00 - (22:05終映)
*9月10日(火)休映

 

9月15日(日)〜21日(土)
17:30 - (19:35終映)
*9月17日(火)休映

 

監督:ガス・ヴァン・サント
出演:ホアキン・フェニックス/ジョナ・ヒル/ほか
[18年製作/アメリカ/1時間55分/字幕]
http://www.dontworry-movie.com/

 

交通事故で胸から下がまひしながらも、再起した風刺漫画家ジョン・キャラハンの自伝を基にしたドラマ。ロビン・ウィリアムズが『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』公開時から映画化を構想し、当時から相談を受けていたガス・ヴァン・サント監督がウィリアムズの遺志を継いで作り上げた。キャラハンをホアキン・フェニックスが演じるほか、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラックらが共演する。


このページの先頭へ▲


卒業

 

9月8日(日)〜14日(土)

 

15:30 - (17:27終映)

 

*9月10日(火)休映

 

監督:マイク・ニコルズ
出演:アン・バンクロフト/ダスティン・ホフマン/キャサリン・ロスほか
[1967年製作/アメリカ/1時間47分/字幕]
http://cinemakadokawa.jp/seishuneiga/

 

将来に不安を抱えるエリート青年が、人妻と不倫の末にその娘と恋に落ちる姿を描き、主演のダスティン・ホフマンを一躍スターにした青春映画。大学を優秀な成績で卒業したベンジャミンは、将来を嘱望されながらもどこか悶々とした毎日を送っていた。虚無感を抱える彼は、父親の共同経営者の妻ロビンソン夫人に誘惑され、逢瀬を重ねるように。そんなある日、両親の勧めで仕方なく夫人の娘エレインとデートしたベンジャミンは、純粋な彼女を本気で好きになってしまう。
デジタル修復版でリバイバル上映。


このページの先頭へ▲


RBG 最強の85才

 

9月8日(日)〜14日(土)
17:50 - (19:38終映)
*9月10日(火)休映

 

9月15日(日)〜21日(土)
15:20 - (17:08終映)
*9月17日(火)休映

 

監督:ジュリー・コーエン
出演:ルース・ベイダー・ギンズバーグ/ジミー・カーター/バラク・オバマほか
[18年製作/アメリカ/1時間38分/字幕]

http://www.finefilms.co.jp/rbg/

 

85歳でアメリカの最高裁判所の判事を務める、RBGことルース・ベイダー・ギンズバーグに迫るドキュメンタリー。最高裁判事にまで上り詰めた女性の姿を映し出す。監督を務めるのは、共にドキュメンタリー作品に携ってきたジュリー・コーエンとベッツィ・ウェスト。第91回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞のほか、歌曲賞にもノミネートされた。


このページの先頭へ▲


轢き逃げ −最高の最悪な日−

 

9月1日(日)〜7日(土)
10:00 / 20:00 - (22:17終映)
*9月3日(火)休映

 

9月8日(日)〜14日(土)
12:50 - (15:07終映)
*9月10日(火)休映

 

監督:水谷豊
出演:中山麻聖/石田法嗣/小林涼子/ほか
[19年製作/日本/2時間07分]
http://www.hikinige-movie.com/

 

「相棒」シリーズでおなじみの俳優・水谷豊の長編映画監督第2作。水谷による完全オリジナル脚本で、ひき逃げ事件の加害者、被害者の両親、事件を追う刑事たちの人生が複雑に絡み合い、彼らが心の奥底に抱える何かを浮き彫りにしていくさまを描き出す。ある地方都市でひき逃げ事件が起こり、ひとりの女性が命を落とす。車を運転していた青年・宗方秀一と、助手席に乗っていた親友の森田輝は、秀一の結婚式の打合せに急いでいたのだった…。


このページの先頭へ▲


柄本家のゴドー

 

8月25日(日)〜31日(土)
12:50 - (14:04終映)
*8月27日(火)休映

 

9月1日(日)〜7日(土)
16:00 - (17:14終映)
*9月3日(火)休映

 

監督:山崎裕
出演:柄本明/柄本佑/柄本時生/ほか
[17年製作/日本/1時間04分]

http://emotoke-no-godot.com/

 

俳優の柄本佑と柄本時生、父親の柄本明をめぐるドキュメンタリー。明が演出、佑と時生が主演を務め、サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」の公演に向けて稽古をする姿を追う。監督は、カメラマンとして『誰も知らない』『永い言い訳』などの撮影を手掛け、『トルソ』のメガホンを取った山崎裕。演出家と役者、父と息子という二つの関係が交錯しながら、芝居が出来上がっていく過程が映し出される。


このページの先頭へ▲


リトル・フォレスト 春夏秋冬

 

8月25日(日)〜31日(土)
10:00 - (11:53終映)
*8月27日(火)休映

 

9月1日(日)〜7日(土)
17:40 - (19:33終映)
*9月3日(火)休映

 

監督:イム・スルレ
出演:キム・テリ/リュ・ジュンヨル/チン・ギジュ/ほか
[18年製作/韓国/1時間43分/字幕]
http://klockworx-asia.com/little-forest/

 

橋本愛主演で映画化もされた五十嵐大介のコミックの舞台を韓国に移し、農業や料理を通して新たな生き方を模索するヒロインを描くヒューマンドラマ。都会の生活に疲れたヒロインが故郷に帰り、四季を過ごしながら再生していく。『お嬢さん』などのキム・テリが主演を務め、『グローリーデイ』などのリュ・ジュンヨルらが共演。『提報者 〜ES細胞捏造事件〜』などのイム・スルレがメガホンを取る。


このページの先頭へ▲


グリーンブック

 

8月18日(日)〜24日(土)
9:30 / 15:20 - (17:40終映)
*8月20日(火)休映

 

8月25日(日)〜31日(土)
14:30 / 20:00 - (22:20終映)
*8月27日(火)休映

 

9月1日(日)〜7日(土)
13:20 - (15:40終映)
*9月3日(火)休映

 

監督:ピーター・ファレリー
出演:ヴィゴ・モーテンセン/マハーシャラ・アリ/リンダ・カーデリーニ/ほか
[18年製作/アメリカ/2時間10分/字幕]
https://gaga.ne.jp/greenbook/

 

黒人ピアニストと彼に雇われた白人の用心棒兼運転手が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を手に人種差別が残るアメリカ南部を巡る人間ドラマ。『はじまりへの旅』などのヴィゴ・モーテンセンと、『ムーンライト』などのマハーシャラ・アリが共演。『メリーに首ったけ』などのピーター・ファレリーが監督を務めた。アカデミー賞の前哨戦の一つとされるトロント国際映画祭で、最高賞の観客賞を獲得した。


このページの先頭へ▲


ブラック・クランズマン

 

8月18日(日)〜24日(土)
12:30 - (14:55終映)
*8月20日(火)休映

 

8月25日(日)〜31日(土)
17:10 - (19:35終映)
*8月27日(火)休映

 

監督:スパイク・リー
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライヴァー/トファー・グレイス/ほか
[18年製作/アメリカ/2時間15分/字幕]
https://bkm-movie.jp/

 

『ドゥ・ザ・ライト・シング』などのスパイク・リーがメガホンを取り、第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した実録ドラマ。1970年代末のアメリカを舞台に、2人の刑事が過激な団体で潜入捜査する。ドラマシリーズ「Ballers/ボウラーズ」などのジョン・デヴィッド・ワシントン、『ハングリー・ハーツ』などのアダム・ドライヴァーのほか、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンらが出演する。


このページの先頭へ▲


芳華-Youth-

 

8月18日(日)〜24日(土)

 

20:00 - (22:25終映)

 

*8月20日(火)休映

 

監督:フォン・シャオガン
出演:ホアン・シュエン/ミャオ・ミャオ/チョン・チューシー/ほか
[17年製作/中国/2時間15分/字幕]
http://www.houka-youth.com/

 

1976年の中国、兵士を慰労・鼓舞する歌劇団、文工団に入団した農村出身で17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)は、周りとなじめない。模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)だけが彼女の唯一の支えだった。しかし、ある事件をきっかけに、シャオピンとリウは非情な運命に翻弄されることになる。『戦場のレクイエム』『唐山大地震』などのフォン・シャオガン監督が、1970年代の中国を舞台に描くラブストーリー。軍の歌劇団に所属するヒロインと兵士の青年の数十年の物語がつづられる。


このページの先頭へ▲