リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

2019年の上映作品

1月4日(金)〜12日(土)
『ペンギン・ハイウェイ』

『泣き虫しょったんの奇跡』
『バーフバリ 王の凱旋<完全版>』

『縄文にハマる人々』


このページの先頭へ▲


バーフバリ 王の凱旋<完全版>

 

1月4日(金)〜12日(土)

 

14:30 - (17:27終映)

 

*1月8日(火)休館

 

監督:S・S・ラージャマウリ
出演:プラバース/ラーナー・ダッグバーティ/ほか
[17年製作/インド/2時間47分/字幕]
http://baahubali-movie.com/

 

伝説の戦士バーフバリの物語を描いたアクション『バーフバリ 王の凱旋』のオリジナル完全版。インターナショナル版よりも約26分長い本国インドバージョンとなっている。監督はS・S・ラージャマウリ。プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ、サティヤラージらが出演している。アヌシュカ演じるヒロインが「かわいいクリシュナの神よ」を歌って踊るシーンなどが初公開される。


このページの先頭へ▲


ペンギン・ハイウェイ

 

1月4日(金)〜12日(土)

 

9:30 - (11:38終映)

 

*1月8日(火)休館

 

監督:石田祐康
声の出演:北香那/蒼井優/釘宮理恵/ほか
[18年製作/日本/1時間58分]
http://penguin-highway.com/

 

「夜は短し歩けよ乙女」などで知られる作家・森見登美彦の小説を映画化したアニメーション。小学生の少年が、海のない街に突如現れたペンギンの謎を解こうと奮闘する。主人公の声をドラマシリーズ「バイプレイヤーズ」などの北香那、彼が慕う女性を蒼井優が担当。アニメーション制作会社「スタジオコロリド」が制作し、短編『陽なたのアオシグレ』などの石田祐康が監督を務めた。


このページの先頭へ▲


モリのいる場所

 

12月16日(日)〜24日(月)

 

10:00 / 15:20 - (17:09終映)

 

*12月18日(火)休館

 

監督:沖田修一
出演:山崎努/樹木希林/加瀬亮/光石研ほか
[18年製作/日本/1時間39分]
http://www.mori-movie.com/

 

名優・山崎努が主演を務め、『横道世之介』などの沖田修一と『キツツキと雨』以来に組んだドラマ。亡くなるまでのおよそ30年にわたり、庭の動植物を観察して描き続けた洋画家・熊谷守一をモデルに、晩年のある夏の1日を描く。山崎に熊谷のことを聞き、老画家を主人公にしたオリジナルストーリーを作り上げた沖田の脚本と演出、自身が敬愛する画家にふんする山崎の演技に期待が高まる。


このページの先頭へ▲


縄文にハマる人々

 

12月16日(日)〜24日(月)
20:00 - (21:53終映)
*12月18日(火)休館

 

1月4日(金)〜12日(土)
17:40 - (19:33終映)
*1月8日(火)休館

 

監督:山岡信貴
出演:小林達雄/いとうせいこう/佐藤卓/ほか
[18年製作/日本/1時間43分]
http://www.jomon-hamaru.com/

 

『死なない子供、荒川修作』などの山岡信貴が監督を務め、今もなおベールに包まれた縄文時代をテーマにしたドキュメンタリー。およそ1万年続き、土器が作られた時代の魅力に取りつかれた人々を通して、その神秘に迫る。ナレーションを音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイが担当し、作家のいとうせいこうらが出演。


このページの先頭へ▲


スターリンの葬送狂騒曲

 

12月16日(日)〜24日(月)

 

13:00 - (14:57終映)

 

*12月18日(火)休館

 

監督:アーマンド・イアヌッチ
出演:スティーヴ・ブシェミ/サイモン・ラッセル・ビールほか
[17年製作/イギリス/1時間47分/字幕]
https://gaga.ne.jp/stalin/

 

『ゴーストワールド』などのスティーヴ・ブシェミらが出演した風刺ドラマ。1953年のロシア(旧ソ連)を舞台に、最高権力者ヨシフ・スターリンの死が引き起こす権力争いや内部の動揺を、笑いを交えて描く。監督は『チューブ・テイルズ』やドラマ「官僚天国」シリーズなどのアーマンド・イアヌッチ。サイモン・ラッセル・ビール、ジェフリー・タンバー、オルガ・キュリレンコらが共演している。


このページの先頭へ▲


菊とギロチン

 

12月9日(日)〜15日(土)

 

16:20 - (19:39終映)

 

*12月11日(火)休館

◆特別料金 一般1,500円

 

監督:瀬々敬久
出演:木竜麻生/韓英恵/嘉門洋子/井浦新/東出昌大ほか
[17年製作/日本/3時間09分]
http://kiku-guillo.com/

 

『ヘヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久が監督を務め、第1次世界大戦終結後の大正時代を舞台に描くパワフルな一作。女性力士と平等な社会を目指すアナキストたちの不思議な縁を中心に、色恋沙汰やアクションに社会批判などを詰め込んで活写する。東出昌大と、オーディションで選出された木竜麻生が出演。共演に韓英恵、渋川清彦、井浦新らが名を連ねる。


このページの先頭へ▲


子どもが教えてくれたこと

 

 

12月9日(日)〜15日(土)

 

9:30 - (11:00終映)

 

*12月11日(火)休館

 

監督:アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン
[16年製作/フランス/1時間20分/字幕]
http://kodomo-oshiete.com/

 

病気を患いながらも懸命に生きる子供たちの姿を捉えたドキュメンタリー。5人にフォーカスし、小さな体で治療を続けながら、毎日を前向きに過ごす様子を映し出す。監督は、娘の病と死をつづり世界各国で出版された「濡れた砂の上の小さな足跡」の原作者で、ジャーナリストのアンヌ=ドフィーヌ・ジュリアンが務める。


このページの先頭へ▲


2018年(平成30年)の上映作品

1月4日(木)〜13日(土)
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

『ハイジ アルプスの物語』

 

1月14日(日)〜20日(土)
『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
★1月14日(日)9:30の回上映後、佐古忠彦監督による舞台挨拶を開催致しました!

『三度目の殺人』
『海辺の生と死』

 

1月21日(日)〜27日(土)
『ドリーム』

『エルネスト』
★1月21日(日)上映後・阪本順治監督による舞台挨拶を開催致しました!

『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』

『三度目の殺人』

 

1月28日(日)〜2月3日(土)
『夜間もやってる保育園』
★2月3日(土)上映後・大宮浩一監督による舞台挨拶を開催致しました!

『ドリーム』

『エルネスト』
『オン・ザ・ミルキー・ロード』
『動くな、死ね、甦れ!』

 

2月4日(日)〜10日(土)
『紅い襷〜富岡製糸場物語〜』
『女神の見えざる手』
『夜間もやってる保育園』

 

2月11日(日)〜17日(土)
『74歳のペリカンはパンを売る。』
『リングサイド・ストーリー』
『女神の見えざる手』
『ブルーム・オブ・イエスタディ』

 

2月18日(日)〜24日(土)
『被ばく牛と生きる』
★2月18日(日)「被ばく牛と生きる」松原保監督による舞台挨拶を開催致しました!

『おじいちゃん、死んじゃったって。』
『ブルーム・オブ・イエスタディ』

『エタニティ 永遠の花たちへ』

 

2月25日(日)〜3月3日(土)
『おじいちゃん、死んじゃったって。』

『人生はシネマティック!』

『被ばく牛と生きる』

『エンドレス・ポエトリー』

 

3月4日(日)〜10日(土)
『おクジラさま ふたつの正義の物語』

『彼女がその名を知らない鳥たち』
『希望のかなた』

『人生はシネマティック!』

 

3月11日(日)〜17日(土)
『花筐/HANAGATAMI』
★3/11日9:30の回上映後、大林宣彦監督による舞台挨拶を開催致しました!

『YARN 人生を彩る糸』
『おクジラさま ふたつの正義の物語』
『希望のかなた』

 

3月18日(日)〜24日(土)
『花筐/HANAGATAMI』
『gifted/ギフテッド』

『リュミエール!』

『YARN 人生を彩る糸』

 

3月25日(日)〜31日(土)
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』*吹替え版

『花筐/HANAGATAMI』

『わたしたち』

『新世紀、パリ・オペラ座』
『gifted/ギフテッド』

 

4月1日(日)〜7日(土)
『ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜』

『ヒトラーに屈しなかった国王』

『わたしたち』
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』*字幕版

 

4月8日(日)〜14日(土)
『嘘八百』

『おだやかな革命』
★4/8日(日)上映後、渡辺智史監督による舞台挨拶を行いました。

『ヒトラーに屈しなかった国王』
『勝手にふるえてろ』

 

4月15日(日)〜21日(土)

『京鹿子娘五人道成寺/二人椀久』

『嘘八百』
『勝手にふるえてろ』

『おだやかな革命』

『皆殺しの天使』

 

4月22日(日)〜28日(土)
『ユダヤ人を救った動物園 〜アントニーナが愛した命〜』

『京鹿子娘五人道成寺/二人椀久』

『Ryuichi Sakamoto: CODA』
『ビリディアナ』

 

4月29日(日)〜5月5日(土)
『紅い襷〜富岡製糸場物語〜』

『星めぐりの町』

『ユダヤ人を救った動物園 〜アントニーナが愛した命〜』
『スリー・ビルボード』

 

5月6日(日)〜12日(土)
『星めぐりの町』

『スリー・ビルボード』
『紅い襷〜富岡製糸場物語〜』

『羊の木』

 

5月13日(日)〜19日(土)
『羊の木』

『ぼくの名前はズッキーニ』
『THE PROMISE/君への誓い』

『犬猿』

『バーフバリ 伝説誕生』

 

5月20日(日)〜26日(土)
『犬猿』

『生きる街』

★「生きる街」榊英雄監督による舞台挨拶を開催致しました!

『デトロイト』

『THE PROMISE 君への誓い』

『バーフバリ 王の凱旋』

 

5月27日(日)〜6月2日(土)
『グレイテスト・ショーマン』

『四万十〜いのちの仕舞い〜』

『生きる街』

『デトロイト』

 

6月3日(日)〜9日(土)
『blank13』

『グレイテスト・ショーマン』

『サファリ』

 

6月10日(日)〜16日(土)
『北の桜守』
『あなたの旅立ち、綴ります』
『blank13』

『アイスと雨音』

 

6月17日(日)〜23日(土)
『シェイプ・オブ・ウォーター』

『北の桜守』

『あなたの旅立ち、綴ります』

『ラッキー』

 

6月24日(日)〜30日(土)
『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』

『大英博物館プレゼンツ 北斎』
『馬を放つ』

『シェイプ・オブ・ウォーター』

 

7月1日(日)〜7日(土)
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
『港町』
★7月4日(水)「港町」想田和弘監督による舞台挨拶を開催致しました!

『馬を放つ』

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』

 

7月8日(日)〜14日(土)
『おもてなし』

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

『ザ・シークレットマン』

『港町』

 

7月15日(日)〜21日(土)
『武蔵野 江戸の循環農業が息づく』
★原村政樹監督による舞台挨拶を開催致しました!

『パティ・ケイク$』
『かぞくへ』
★春本雄二郎監督による舞台挨拶を開催致しました!

『彼の見つめる先に』

 

7月22日(日)〜28日(土)
『シネマ歌舞伎 一谷嫩軍記 熊谷陣屋』
『ラッカは静かに虐殺されている』
『パティ・ケイク$』

『ゴッホ 最期の手紙』
『ダンガル きっと、つよくなる』

 

7月29日(日)〜8月4日(土)
『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』

『レ・ミゼラブル』

『ラジオ・コバニ』
『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』

 

8月5日(日)〜11日(土)
『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』
『グレイテスト・ショーマン』

『レ・ミゼラブル』

 

8月12日(日)〜18日(土)
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
『野火』

★8/13日(月)猖椰弧藉篤弔砲茲詆饌羂Щ△魍催いたしました!

『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜 』
『ヒルコ 妖怪ハンター』

 

8月19日(日)〜25日(土)

『友罪』

『女は二度決断する』

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

 

8月26日(日)〜9月1日(土)

『マルクス・エンゲルス』
『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』
『友罪』

『女は二度決断する』

 

9月2日(日)〜8日(土)

『モリのいる場所』

★9月8日(土)10時の回上映後・沖田修一監督による舞台挨拶を開催いたしました!

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
『マルクス・エンゲルス』

 

9月9日(日)〜15日(土)
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

『モリのいる場所』

『動いている庭』

 

9月16日(日)〜20日(木)

『めぐりあい』
『八月の濡れた砂』
『約束』
『忍ぶ川』

9月21日(金)・22日(土)

『のみとり侍』
『サイモン&タダタカシ』

★9月22日(土)上映後「サイモン&タダタカシ」小田学監督による舞台挨拶を開催いたしました!

『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』

 

9月23日(日)〜29日(土)

『のみとり侍』

『四月の永い夢』

『君の名前で僕を呼んで』

 

9月30日(日)〜10月6日(土)

『万引き家族』

『レディ・バード』

『のみとり侍』
『ビューティフル・デイ』

 

10月7日(日)〜13日(土)
『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』
『万引き家族』
『私はあなたのニグロではない』
『レディ・バード』

 

10月14日(日)〜20日(土)

『万引き家族』

『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』
『フジコ・ヘミングの時間』

『私はあなたのニグロではない』

 

10月21日(日)〜27日(土)

『ゆずりは』
『ゾンからのメッセージ』

★10月27日(土)「ゾンからのメッセージ」古澤健氏(脚本・プロデューサー)による舞台挨拶を開催いたしました!

『化け物と女』

★10月27日(土)「化け物と女」池田暁監督による舞台挨拶を開催いたしました!
『フジコ・ヘミングの時間』
『ブリグズビー・ベア』

 

10月28日(日)〜11月3日(土)

『空飛ぶタイヤ』

『ゆずりは』

『ゲッベルスと私』
『暗殺のオペラ』

 

11月4日(日)〜10日(土)
『焼肉ドラゴン』
『陸軍前橋飛行場 私たちの村も戦場だった』
★11月4日(日)上映後・飯塚俊男監督による舞台挨拶を開催致しました!
『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』
★11月10日(土)・柳川強による舞台挨拶を開催致します!
『空飛ぶタイヤ』

 

11月11日(日)〜17日(土)

『焼肉ドラゴン』

『ガザの美容室』

『陸軍前橋飛行場 私たちの村も戦場だった』

『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』

 

11月18日(日)〜24日(土)

『ワンダー 君は太陽』

『カメラを止めるな!』

『人間機械』

『ガザの美容室』

 

11月25日(日)〜12月1日(土)

『カメラを止めるな!』
『ほたるの川のまもりびと』

『ワンダー 君は太陽』
『悲しみに、こんにちは』

 

12月2日(日)〜8日(土)
『マンマ・ミーア!』
『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』
『ヒトラーを欺いた黄色い星』
『ほたるの川のまもりびと』
『悲しみに、こんにちは』

 

12月9日(日)〜15日(土)

『子どもが教えてくれたこと』

『マンマ・ミーア!』

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』
『菊とギロチン』
『ヒトラーを欺いた黄色い星』

 

12月16日(日)〜24日(月)

『モリのいる場所』
『スターリンの葬送狂騒曲』

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』
『縄文にハマる人々』


このページの先頭へ▲


マンマ・ミーア!

 

12月2日(日)〜8日(土)
10:00 - (11:58終映)
*12月4日(火)休館

 

12月9日(日)〜15日(土)
11:30 - (13:28終映)
*12月11日(火)休館

 

★【マンマ・ミーア割!】
「マンマ・ミーア!」「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」  どちらか1作品をご鑑賞のお客様は、2作品目以降100円引き(一般のみ1,000円)になります。(当館スタンプカードをご提示ください)

 

監督:フィリダ・ロイド
出演:メリル・ストリープ/アマンダ・セイフライド/ピアース・ブロスナン/ほか
[08年製作/イギリス・アメリカ/1時間48分/字幕]

 

全世界170都市以上で上演され、空前の大ヒットを記録した同名ミュージカルを映画化。ギリシャの小島を舞台に、20歳の花嫁ソフィの結婚式前日から当日までの物語が、伝説のポップグループ、ABBAの大ヒットナンバーに乗せてつづられる。監督は舞台版の演出を手掛けたフィリダ・ロイド。主人公ソフィを「ヴェロニカ・マーズ」のアマンダ・セイフライド、その母を名女優メリル・ストリープが演じる。豪華キャストの素晴らしい歌声に注目。


このページの先頭へ▲