リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

駅までの道をおしえて

 

2月16日(日)〜22日(土)

 

12:10 - (14:25終映)
★初日2/16日(日)上映後、橋本直樹監督・新津ちせさんによる舞台挨拶を開催いたしました!

 

*2月18日(火)休館

 

監督:橋本直樹
出演:新津ちせ/有村架純/坂井真紀/柄本明/余貴美子/ほか
[19年製作/日本/2時間05分]
https://ekimadenomichi.com/

 

『臍帯』などの橋本直樹が監督を務め、伊集院静の小説を映画化。互いにかけがえのない相手を失った少女と老人の物語が描かれる。少女を『3月のライオン』シリーズなどの新津ちせ、彼女の良き友人となる老人を『沈黙 −サイレンス−』などの笈田ヨシが演じ、有村架純が10年後の少女にふんしてモノローグを担当した。主題歌は『この世界の片隅に』などの音楽家コトリンゴ。

 

*********************************

 

「駅までの道をおしえて」橋本直樹監督、新津ちせさんによる舞台挨拶を開催いたしました!

 

 

 

 

日:2月16日(日)

時:12:10の回上映後

 

沢山のお客様のご来館誠に有難うございました。

 

【ご入場方法】
お電話・当館受付でのご予約も承っております。048-551-4592まで
ご予約がお済みの方は当日11:40分から整理券番号順にてご入場。
11:50分までにお見えにならない場合はキャンセルとさせて頂きます。

*各回入れ替え、全席自由席


このページの先頭へ▲


ボーダー 二つの世界

 

2月9日(日)〜15日(土)
17:40 - (19:40終映)
*2月11日(火)休映

 

2月16日(日)〜22日(土)
20:00 - (22:00終映)
*2月18日(火)休館

 

監督:アリ・アッバシ
出演:エヴァ・メランデル/エーロ・ミロノフ/ヨルゲン・トーション/ほか
[18年製作/スウェーデン・デンマーク/1時間50分/字幕]
http://border-movie.jp/

 

第71回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」でグランプリを受賞したミステリー。驚異的な嗅覚を持つ孤独な女性が、生活が一変する事件に巻き込まれる。監督のアリ・アッバシが、『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの著作を基にして、リンドクヴィストと共に脚本を手掛けた。出演はエヴァ・メランデル、エーロ・ミロノフら。


このページの先頭へ▲


イエスタデイ

 

2月9日(日)〜15日(土)
12:40* / 20:00 - (22:07終映)
*2月11日(火)12:40の回のみ上映

 

2月16日(日)〜22日(土)
17:30 - (19:37終映)
*2月18日(火)休館

 

監督:ダニー・ボイル
出演:ヒメーシュ・パテル/リリー・ジェームズ/ジョエル・フライ/ほか
[19年製作/イギリス/1時間57分/字幕]
https://yesterdaymovie.jp/

 

自分以外はバンド「ザ・ビートルズ」を知らない状態になった青年の姿を描くコメディー。『スラムドッグ$ミリオネア』などのダニー・ボイルがメガホンを取り、『ラブ・アクチュアリー』などのリチャード・カーティスが脚本を手掛けた。青年をヒメーシュ・パテルが演じ、『シンデレラ』などのリリー・ジェームズ、『ゴーストバスターズ』などのケイト・マッキノンのほか、ミュージシャンのエド・シーランが出演する。


このページの先頭へ▲


蜜蜂と遠雷

 

2月9日(日)〜15日(土)

 

10:00 / 15:10 - (17:18終映)

 

*2月11日(火)10:00と15:10の回のみ上映

 

監督:石川慶
出演:松岡茉優/松坂桃李/森崎ウィン/ほか
[19年製作/日本/1時間25分]
https://mitsubachi-enrai-movie.jp/

 

直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の小説を実写映画化。若手ピアニストの登竜門とされる国際ピアノコンクールを舞台に、4人のピアニストたちの葛藤と成長を描く。キャストには『勝手にふるえてろ』などの松岡茉優、『娼年』などの松坂桃李、『レディ・プレイヤー1』などの森崎ウィン、オーディションで抜てきされた鈴鹿央士らが集結。『愚行録』などの石川慶がメガホンを取った。


このページの先頭へ▲


ホテル・ムンバイ

 

2月2日(日)〜8日(土)

 

10:00 / 20:00 - (22:13終映)

 

*2月4日(火)休館

 

監督:アンソニー・マラス
出演:デヴ・パテル/アーミー・ハマー/ナザニン・ボニアディ/ほか
[19年製作/オーストラリア・アメリカ・インド/2時間03分]
https://gaga.ne.jp/hotelmumbai/

 

『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』などのデヴ・パテルを主演に迎え、2008年にインドのムンバイで起きたテロ事件を題材にしたドラマ。高級ホテルに監禁された宿泊客を救おうと奔走した従業員たちの姿を映し出す。本作で長編デビューしたアンソニー・マラスが監督を務め、『君の名前で僕を呼んで』などのアーミー・ハマーがアメリカ人旅行者を演じた。


このページの先頭へ▲


さらば青春の光

 

2月2日(日)〜8日(土)

 

15:00 - (17:07終映)

 

*2月4日(火)休館

 

監督:フランク・ロッダム
出演:フィル・ダニエルズ/マーク・ウィンゲット/フィリップ・デイビス/ほか
[1979年製作/イギリス/1時間57分字幕]
http://sarabaseishun2019.com/

 

1960年代イギリスを舞台に、当時流行した「モッズ」と呼ばれる若者たちの生きさまを描いた青春映画の金字塔。細身のスーツにミリタリーコートを重ね、飾りつけたスクーターで街に繰り出し、古い道徳を振りかざす大人たちに反発する“怒れる若者たち”。「モッズ」と呼ばれた彼らの、停滞する社会への行き場のない怒りや疎外感、刹那的な生き方を鮮烈に描き、モッズブームを引き起こした。
映画の原題「Quadrophenia」は、イギリスを代表するバンド「ザ・フー」が孤独なモッズ少年の物語をつづった73年のロックオペラアルバム「四重人格(Quadrophenia)」から。同アルバムがモチーフにもなっており、「ザ・フー」のメンバーが製作総指揮に参加している。1979年に製作され、日本でも同年公開。2019年10月には40年ぶりにデジタルリマスター版でリバイバル公開。

 

*********************************

 

「さらば青春の光」ザ・コレクターズ・加藤ひさし氏による舞台挨拶を開催いたします!

 

日:2月8日(土)

時:15:00の回上映後

 

【ご入場方法】
お電話・当館受付でのご予約も承っております。048-551-4592まで
ご予約がお済みの方は当日14:40分から整理券番号順にてご入場。
14:50分までにお見えにならない場合はキャンセルとさせて頂きます。

 

皆様のご来館心よりお待ちしております。


このページの先頭へ▲


ブルーノート・レコード ジャズを超えて

 

2月2日(日)〜8日(土)

 

18:00 - (19:35終映)

 

*2月4日(火)休館

 

監督:ソフィー・フーバー
出演:ハービー・ハンコック/ウェイン・ショーター/ノラ・ジョーンズ/ほか
[18年製作/スイス・イギリス/1時間25分/字幕]
https://www.universal-music.co.jp/cinema/bluenote/

 

1939年の設立以来、多くのアーティストとアルバムを世に送り出してきたレーベル、ブルーノート・レコードの足跡をたどったドキュメンタリー。監督は女優としても活動していたソフィー・フーバー。ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ノラ・ジョーンズなどブルーノート・レコードにゆかりのあるアーティストたちが出演している。


このページの先頭へ▲


2020年の上映作品

1月4日(土)〜11日(土)
『翔んで埼玉』
『引っ越し大名!』
『ロケットマン』

 

1月12日(日)〜18日(土)
『ロケットマン』

『翔んで埼玉』

『おいしい家族』
★1月12日(日)「おいしい家族」ふくだももこ監督による舞台挨拶を開催いたしました!

 

1月19日(日)〜25日(土)
『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
★1/20日(月)9:30〜の回上映後・山田火砂子監督による舞台挨拶を開催いたした!
『人生をしまう時間(とき)』
『宮本から君へ』
『タロウのバカ』

 

1月26日(日)〜2月1日(土)
『"樹木希林"を生きる』
『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
『人生をしまう時間(とき)』
『宮本から君へ』

 

2月2日(日)〜2月8日(土)
『ホテル・ムンバイ』

『"樹木希林"を生きる』

『さらば青春の光』
★2月8日(土)上映後 ザ・コレクターズ・加藤ひさし氏による舞台挨拶を開催いたしました!

『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』

 

2月9日(日)〜15日(土)
『蜜蜂と遠雷』
『イエスタデイ』
『ボーダー 二つの世界』

 

2月16日(日)〜22日(土)
『真実』
『駅までの道をおしえて』
★初日2/16日(日)上映後・橋本直樹監督、新津ちせさんによる舞台挨拶を開催いたしました!
『イエスタデイ』
『ボーダー 二つの世界』


このページの先頭へ▲


“樹木希林”を生きる

 

1月26日(日)〜2月1日(土)
10:00 / 15:00 - (16:58終映)
*1月28日(火)休館

 

2月2日(日)〜8日(土)
12:30 - (14:28終映)
*2月4日(火)休館

 

監督:木寺一孝
出演:樹木希林/ほか
[19年製作/日本/1時間48分]
http://kiki-movie.jp/

 

2018年9月15日に逝去した女優・樹木希林の最後の日々を追ったドキュメンタリー。樹木に初めて長期密着取材し、18年9月26日に放送されたNHKの同名ドキュメンタリー番組に未公開映像を加えて再編集した。57年の役者人生の中で多くのドラマや歌番組、CMに出演し、日本映画界にとって欠かせない存在となった樹木希林。歯に衣着せぬ物言いと周囲への細やかな心遣い、あふれでるユーモアで日本中から愛された彼女は、多忙な中でも日々の暮らしを大切にし、人生なりゆきと語りながらも独自のスタイルを持っていた。そんな彼女の最後の日々を捉え、“なりゆき人生”と心に響く言葉の数々から生きるヒントを学ぶ。


このページの先頭へ▲


一粒の麦 荻野吟子の生涯

 

1月19日(土)〜25日(土)
9:30 / 15:00 - (17:00終映)
*1月21日(火)休館

★1/20日(月)9:30〜の回上映後・山田火砂子監督による舞台挨拶を開催いたしました!

 

1月26日(日)〜2月1日(土)
12:30 - (14:30終映)
*1月28日(火)休館

 

監督:山田火砂子
出演:若村麻由美/山本耕史/賀来千香子/ほか
[19年製作/日本/1時間50分]
https://www.gendaipro.jp/ginko/

 

明治時代、近代日本で初めて女性で医師として認められた荻野吟子の生涯を描いた伝記ドラマ。嘉永4年(1851年)、武蔵国幡羅郡俵瀬村(現在の埼玉県熊谷市)に生まれ、幼い頃から兄たちよりも聡明で周囲を感嘆させた吟子。しかし、女に学問はいらないと隣村の名主の家に嫁に出され、そこで夫から病気を移されると、今度は子どもの産めない嫁はいらないと実家に帰されてしまう。この無情な現実に泣いた吟子は、自分と同じように涙を飲む女性たちのために医者になることを決意する。監督・脚本は「母 小林多喜二の母の物語」「エンジェルがとんだ日」の山田火砂子。吟子役で若村麻由美が主演し、山本耕史、賀来千香子、佐野史郎、柄本明らが共演。

 

*********************************

 

「一粒の麦 荻野吟子の生涯」山田火砂子監督による舞台挨拶を開催いたしました!

 

 

日:1月20日(月)

時:9:30の回上映後

*当初1/19日(日)の予定でしたが監督のご都合により1/20日(月)に変更となりました。

ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございません、ご了承何卒よろしくお願い致します。

 

【ご入場方法】
1/20日当日9:00よりご入場開始。(全席自由席)
なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません

 

沢山のお客様のご来館誠に有難うございました!


このページの先頭へ▲