リンク

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト

 

12月10日(日)〜16日(土)

 

12:30 - (14:10終映)

 

*12月12日(火)休館

 

監督:クーロ・サンチェス
出演:パコ・デ・ルシア/チック・コリア/カルロス・サンタナ/ほか
[14年製作/スペイン/1時間30分/字幕]

http://respect-film.co.jp/pacodelucia/

 

2014年に亡くなったスペインの天才ギタリスト、パコ・デ・ルシアの功績に迫るドキュメンタリー。息子のクーロ・サンチェスが初監督を務め、フラメンコだけでなくジャズやブルースなども取り込んで唯一無二の存在として名をはせた父親の人生の光と影を映す。チック・コリアやカルロス・サンタナら有名ミュージシャンたちが続々登場。常人を凌駕するテクニックで人々を魅了し続ける男の生きざまに感銘を受ける。


このページの先頭へ▲


関ヶ原

 

12月3日(日)〜9日(土)
9:30 / 20:00 - (22:39終映)

*12月5日(火)休館

 

12月10日(日)〜16日(土)
9:30 / 17:00 - (19:39終映)

*12月12日(火)休館


監督:原田眞人
出演:岡田准一/有村架純/役所広司/平岳大/ほか
[17年製作/日本/2時間29分]

http://wwwsp.sekigahara-movie.com/

 

小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突した「関ヶ原の戦い」を描く。これまで描かれてきた人物像ではない三成を岡田准一、策略を駆使し三成を追い詰めていく家康を役所広司、三成への恋心を胸に彼を支え続ける忍びを有村架純が演じる。


このページの先頭へ▲


コスタリカの奇跡 〜積極的平和国家のつくり方〜

 

12月3日(日)〜9日(土)

 

15:20 - (16:50終映)

 

*予告編なし

*12月5日(火)休館

 

監督:マシュー・エディー/マイケル・ドレリング
出演:ホセ・フィゲーレス・フェレール/オスカル・アリアス・サンチェス/ほか
[16年製作/アメリカ/コスタリカ/1時間30分/字幕]

https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48

 

常設の軍隊を放棄した国として知られるコスタリカに迫るドキュメンタリー。国の予算を教育などに回し、環境保護にも取り組む国家の歩みを映し出す。監督とプロデューサーを、マシュー・エディー、マイケル・ドレリングが担当。コーヒーの産地としても知られ、高い幸福指数を誇る国の姿が印象的。


このページの先頭へ▲


米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

 

11月26日(日)〜12月2日(土)

 

13:00 - (14:57終映)

 

*11月28日(火)休館

 

監督:佐古忠彦
出演:瀬長亀次郎/ほか
[17年製作/日本/1時間47分]

http://www.kamejiro.ayapro.ne.jp/

 

占領下の沖縄で米軍の弾圧にひるむことなく非難の声を上げ続けた政治家の瀬長亀次郎氏の人生をひもとくドキュメンタリー。2016年にテレビ番組「報道の魂」で放送された内容に追加取材や再編集を行い、瀬長氏の闘いを描く。監督は、長年TBSでキャスターを務めてきた佐古忠彦。テーマ音楽を坂本龍一が担当する。


このページの先頭へ▲


幼な子われらに生まれ

 

11月26日(日)〜12月2日(土)
10:00 / 20:00 - (22:17終映)

*11月28日(火)休館

 

12月3日(日)〜9日(土)
12:40 / 17:20 - (19:37終映)

*12月5日(火)休館

 

監督:三島有紀子
出演:浅野忠信/田中麗奈/宮藤官九郎/寺島しのぶ/ほか
[16年製作/日本/2時間07分]

http://osanago-movie.com/

 

直木賞作家・重松清の小説を映画化。再婚した中年サラリーマンが、現在の妻とその連れ子、前妻と暮らす実の娘、そして新たに授かった命をめぐり、家族との関係を模索する。主人公に浅野忠信、その妻を田中麗奈が演じるほか、宮藤官九郎、寺島しのぶらが共演。監督を『しあわせのパン』などの三島有紀子、脚本を『ヴァイブレータ』などの荒井晴彦が担当する。


このページの先頭へ▲


2017年(平成29年)の上映作品

1月4日(水)〜7日(土)
『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』
『超高速!参勤交代 リターンズ』
『はじまりはヒップホップ』

 

1月8日(日)〜14日(土)
『超高速!参勤交代 リターンズ』
『はじまりはヒップホップ』
『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

 

1月15日(日)〜21日(土)
『イングリッド・バーグマン〜愛に生きた女優〜』

『後妻業の女』
『ある天文学者の恋文』
 

1月22日(日)〜28日(土)
『後妻業の女』
『バースデーカード』
『ある戦争』

 

1月29日(日)〜2月4日(土)
『淵に立つ』

『奇蹟がくれた数式』
『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』

 

2月5日(日)〜11日(土)
『この世界の片隅に』

『永い言い訳』
『手紙は憶えている』

 

2月12日(日)〜18日(土)
『オケ老人!』

『この世界の片隅に』

★2/12日(日) 片渕須直監督による舞台挨拶を開催いたしました!

『永い言い訳』

 

2月19日(日)〜25日(土)
『湯を沸かすほどの熱い愛』
『続・深夜食堂』
『この世界の片隅に』

 

2月26日(日)〜3月4日(土)
『聖の青春』

『ミス・シェパードをお手本に』

『続・深夜食堂』

 

3月5日(日)〜11日(土)
『湾生回家』

『グッドモーニングショー』
『うさぎ追いし -山極勝三郎物語-』
『聖の青春』

 

3月12日(日)〜18日(土)
『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』

『怒り』
『ニーゼと光のアトリエ』

 

3月19日(日)〜25日(土)
『古都』

『幸せなひとりぼっち』

『怒り』

 

3月26日(日)〜4月1日(土)
『種まく旅人〜夢のつぎ木〜』

『惑う After the Rain』
★初日上映後 舞台挨拶を開催致しました!

『この世界の片隅に』再上映

 

4月2日(日)〜8日(土)
『人生フルーツ』

『ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜』
『14の夜』

 

4月9日(日)〜15日(土)
『小さな園の大きな奇跡』
『14の夜』
★4月15日(土)上映後 足立紳監督による舞台挨拶を開催致しました!

『アズミ・ハルコは行方不明』

 

4月16日(日)〜22日(土)
『太陽の下で -真実の北朝鮮-』

『東京ウィンドオーケストラ』
『ヒトラーの忘れもの』

 

4月23日(日)〜29日(土)
『沈黙 -サイレンス-』
『世界でいちばん美しい村』

『未来を花束にして』

 

4月30日(日)〜5月6日(土)
『海賊とよばれた男』
『沈黙−サイレンス−』
『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』

 

5月7日(日)〜13日(土)
『彼らが本気で編むときは、』
『海賊とよばれた男』
『カレーライスを一から作る』

 

5月14日(日)〜20日(土)
『人生フルーツ』
『彼らが本気で編むときは、』
『たかが世界の終わり』

 

5月21日(日)〜27日(土)
『恋妻家宮本』
『湯を沸かすほどの熱い愛』
『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』

 

5月28日(日)〜6月3日(土)
『サバイバルファミリー』
『あん』
『スモーク』

 

6月4日(日)〜10日(土)
『ラビング 愛という名前のふたり』

『サバイバルファミリー』
『家族の肖像』

 

6月11日(日)〜17日(土)
『息の跡』

『スプリング、ハズ、カム』
『娘よ』

『ミツバチのささやき』

 

6月18日(日)〜24日(土)
『ラ・ラ・ランド』
『しゃぼん玉』
★「しゃぼん玉」東伸児監督による舞台挨拶を開催致しました!

『息の跡』

 

6月25日(日)〜7月1日(土)
『しゃぼん玉』

『ラ・ラ・ランド』
『わたしは、ダニエル・ブレイク』

 

7月2日(日)〜8日(土)
『ぼくと魔法の言葉たち』
『わたしは、ダニエル・ブレイク』
『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』

 

7月9日(日)〜15日(土)
『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
『ぼくと魔法の言葉たち』

 

7月16日(日)〜22日(土)
『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』
『ムーンライト』

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

 

7月23日(日)〜29日(土)
『ゾウを撫でる』

『八重子のハミング』

★7/23日(日)上映後舞台挨拶を開催致しました!

『夕凪の街 桜の国』

『ムーンライト』

『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』

 

7月30日(日)〜8月5日(土)
『八重子のハミング』
『人生タクシー』

『ブルーハーツが聴こえる』

 

8月6日(日)〜12日(土)
『トトとふたりの姉』

『マイ ビューティフル ガーデン』

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
『ブルーハーツが聴こえる』

 

8月13日(日)〜19日(土)
『家族はつらいよ2』
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

『マイ ビューティフル ガーデン』
『トトとふたりの姉』

 

8月20日(日)〜26日(土)
『ふたりの桃源郷』
『家族はつらいよ2』
『光をくれた人』

 

8月27日(日)〜9月2日(土)
『花戦さ』

『草原の河』

『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』
『僕とカミンスキーの旅』

 

9月3日(日)〜9日(土)
『いつまた、君と 〜何日君再来(ホーリージュンザイライ)〜』
『僕とカミンスキーの旅』
『草原の河』

『花戦さ』

 

9月10日(日)〜16日(土)
『まるでいつもの夜みたいに』

『追憶』

★16日(土)12:20の回上映後 木村大作氏(撮影)による舞台挨拶を開催いたしました!

『メッセージ』

 

9月17日(日)〜21日(木)
『暁の脱走』
『隠し砦の三悪人』 
『悪名』 
『嵐を呼ぶ男』
『追憶』

 

9月22日(金)〜30日(土)
『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』
『光』
『ローマ法王になる日まで』

 

10月1日(日)〜7日(土)
『海辺のリア』

『20センチュリー・ウーマン』

『光』

 

10月8日(日)〜14日(土)
『ハクソー・リッジ』
『夜明け告げるルーのうた』
『20センチュリー・ウーマン』

 

10月15日(日)〜21日(土)  「深谷映画祭−深谷ロケ作品特集−」
『いつまた、君と 〜何日君再来〜』

『野火』
★「野火」10/21日(土)塚本晋也監督トーク開催!

『SR サイタマノラッパー』
★「SRサイタマノラッパー」10/15日(日)入江悠監督トーク開催!

『SR サイタマノラッパー2 〜女子ラッパー☆傷だらけのライム〜』

『SR サイタマノラッパー3 ロードサイドの逃亡者』

テレビ東京提供 ドラマ版『SR サイタマノラッパー〜マイクの細道〜』

 

10月22日(日)〜28日(土)
『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』
『ふたりの桃源郷』
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』

 

10月29日(日)〜11月4日(土)
『22年目の告白-私が殺人犯です-』
『ヒトラーへの285枚の葉書』
『ふたりの桃源郷』

 

11月5日(日)〜11日(土)
『セールスマン』
『夜明けの祈り』

『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』

 

11月12日(日)〜18日(土)
『夜明けの祈り』
『ハローグッバイ』
『ブランカとギター弾き』
『世界は今日から君のもの』
★「世界は今日から君のもの」尾崎将也監督による舞台挨拶を開催致しました!

 

11月19日(日)〜25日(土)
『少女ファニーと運命の旅』
『パターソン』

『すばらしき映画音楽たち』

 

11月26日(日)〜12月2日(土)
『幼な子われらに生まれ』

『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』

『パターソン』

『少女ファニーと運命の旅』

 

12月3日(日)〜9日(土)
『関ヶ原』

『幼な子われらに生まれ』
『コスタリカの奇跡 〜積極的平和国家のつくり方〜』

 

12月10日(日)〜16日(土)
『関ヶ原』

『ビジランテ』

★12/10日(日)「ビジランテ」入江悠監督の舞台挨拶を開催いたしました!

『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』


このページの先頭へ▲


少女ファニーと運命の旅

 

11月19日(日)〜25日(土)
10:00 / 15:30 - (17:16終映)

*11月21日(火)休館

 

11月26日(日)〜12月2日(土)
17:50 - (19:36終映)

*11月28日(火)休館

 

監督:ローラ・ドワイヨン
出演:レオニー・スーショー/ファンティーヌ・アルデュアン/ジュリアンヌ・ルプロー/ほか
[16年製作/フランスほか/1時間36分/字幕]

http://shojo-fanny-movie.jp/

 

実在した女性ファニー・ベン=アミの自伝を基に、ナチスドイツ支配下のフランスからスイスを目指したユダヤ人の子供たちの逃避行を描く人間ドラマ。ナチスの追跡を逃れるさなか引率者とはぐれてしまった子供たちが、13歳のファニーをリーダーに数々の難局を知恵と勇気で乗り切っていく。レオニー・スーショーをはじめ、セシル・ドゥ・フランスらが出演。フランスの名匠ジャック・ドワイヨンを父に持つローラ・ドワイヨンがメガホンを取った。


このページの先頭へ▲


パターソン

 

11月19日(日)〜25日(土)
13:00 / 20:00 - (22:08終映)

*11月21日(火)休館

 

11月26日(日)〜12月2日(土)
15:20 - (17:28終映)

*11月28日(火)休館

 

監督:ジム・ジャームッシュ
出演:アダム・ドライヴァー/ゴルシフテ・ファラハニ/永瀬正敏/ほか
[16年製作/アメリカ/1時間58分/字幕]

http://www.paterson-movie.com/

 

『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュが監督を務め、アダム・ドライヴァーが主人公を演じたドラマ。詩をつづるバスの運転手の日常を映し出す。共演はゴルシフテ・ファラハニや、ジャームッシュ監督作『ミステリー・トレイン』にも出演した永瀬正敏ら。アメリカの詩人ロン・パジェットによる詩の数々が、作品に趣を与えている。


このページの先頭へ▲


すばらしき映画音楽たち

 

11月19日(日)〜25日(土)

 

17:40 - (19:23終映)

 

*11月21日(火)休館

 

監督:マット・シュレイダー
出演:ハンス・ジマー/ジェームズ・キャメロン/ほか
[16年製作/アメリカ/1時間33分/字幕]

http://score-filmmusic.com/

 

ハリウッド映画の数々を彩ってきた音楽が、どのように生まれるのかをひもとくドキュメンタリー。スティーヴン・スピルバーグとジョン・ウィリアムズのやり取りにより『E.T.』の音楽が誕生する瞬間の貴重な映像や、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのハンス・ジマーをはじめジョン・デブニー、レイチェル・ポートマン、マイケル・ダナら作曲家たちへのインタビューにより構成。監督は新鋭のマット・シュレイダーが担当する。


このページの先頭へ▲


世界は今日から君のもの

 

11月12日(日)〜18日(土)

 

17:40 - (19:36終映)

 

*11月14日(火)休館

 

監督:尾崎将也
出演:門脇麦/三浦貴大/比留川游/マキタスポーツ/ほか
[17年製作/日本/1時間46分]

http://sekakimi.com/

 

引きこもりだったヒロインが、殻を破って新たな一歩を踏み出すさまを描く青春ドラマ。『特命係長 只野仁』シリーズなどを手掛けてきた脚本家・尾崎将也がオリジナルストーリーを書き下ろし、自らメガホンを取った。不器用なオタク女子を『愛の渦』などの門脇麦が熱演。彼女が恋心を抱くゲーム会社の社員を三浦貴大が演じるほか、モデルの比留川游、マキタスポーツ、YOUらが共演する。

 

*****************************

 

★「世界は今日から君のもの」舞台挨拶を開催致しました!

 

日:11月12日(日)
時:17:40の回上映後
登壇者:尾崎将也監督


【ご入場方法】

当日9:30より鑑賞料と引き換えに整理券をお配り致します。
17:20より整理券番号順でのご入場となります。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。

 

沢山のお客様のご来館誠にありがとうございました。


このページの先頭へ▲