リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

いちごの唄

 

11月17日(日)〜23日(土)

 

15:30 - (17:34終映)

 

*11月19日(火)休館

 

監督:菅原伸太郎
出演:古舘佑太郎/石橋静河/和久井映見/ほか
[19年製作/日本/1時間54分]
http://ichigonouta.com/

 

ミュージシャンで俳優としても活躍する峯田和伸のバンド「銀杏BOYZ」の楽曲からインスパイアされた人気脚本家の岡田惠和が、自らの脚本でつむいだオリジナルストーリーを映画化。岡田脚本のドラマ「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」などを手がけたテレビドラマ演出家の菅原伸太郎が長編映画初メガホンを取った。冷凍食品の製造工場で働く笹沢コウタの大親友・伸二は、2人が「天の川の女神」と崇拝していたあーちゃんを交通事故から守り、あーちゃんの身代わりとなって死んでいった。それから10年、コウタは偶然あーちゃんと再会する。
俳優のほか、バンド「The SALOVERS」のボーカリストとしても活動する古舘佑太郎がコウタ役、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の石橋静河があーちゃん役をそれぞれ演じる。


このページの先頭へ▲