リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

昼下がりの情事



12月2日(日)〜8日(土)

(1)10:30 - 12:54

12月4日(火)休館

■監督:ビリー・ワイルダー
■出演:ゲイリー・クーパー/オードリー・ヘップバーン/モーリス・シュヴァリエ/ほか
[1957年/アメリカ/2時間14分]

名匠ビリー・ワイルダーが、『麗しのサブリナ』に続いてオードリー・ヘップバーンの魅力を存分に引き出したロマンチック・コメディの名作。“魅惑のワルツ”の美しい調べに乗て、年上の男性に憧れる音楽学校の学生アリアーヌの背伸びした恋がユーモラスに、またロマンチックに描かれる。共演はゲイリー・クーパー、モーリス・シュヴァリエという米仏を代表する2大スター。




このページの先頭へ▲