リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

北のカナリアたち



■2月10日(日)〜16日(土)
(1)10:30 - (2)13:30 - (3)16:30 - (4)19:30 - 21:50
2月12日(火)休館

■2月17日(日)〜23日(土)
(2)13:30 - (3)16:30 - (4)19:30 - 21:50
2月19日(火)休館

監督:阪本順治
出演:吉永小百合/柴田恭兵/仲村トオル/里見浩太朗/森山未來/ほか
[12年/日本/2時間10分/フィルム上映]
http://www.kitanocanaria.jp

湊かなえの小説「往復書簡」の一編「二十年後の宿題」を、日本を代表する女優・吉永小百合を主演に迎え、阪本順治監督が映画化したヒューマン・サスペンス。20年前に起きた悲劇により引き裂かれた教師と教え子たちがある事件を機に再会し、それぞれが抱える心の傷や真実が明らかになっていくさまを描く。


******

★「北のカナリアたち」木村大作氏のトーク開催いたしました!

日:2月11日(月・祝)
時:(2)13:30上映後、(3)16:30上映前










たくさんのお客様のご来館ありがとうございました。


木村大作氏プロフィール



1939年生まれ。東京都出身。
日本映画界を代表するキャメラマン。
1958年東宝撮影部にキャメラ助手として映画界入りし、1973年「野獣狩り」で
初めて撮影監督に。代表作には「八甲田山」、「復活の日」、「駅STATION」、
「火宅の人」、「鉄道員」などがある。
2003年には日本映画界における功績が認められ、紫綬褒章を受章。
2010年にも旭日小綬章を受章した。
また2009年、初めて監督を務めた「劔岳 点の記」では、
日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀撮影賞をはじめ数々の賞を受賞。
長年にわたって映画界の最前線で活躍し続けている。
2014年春公開予定の監督作品「春を背負って」で再びメガホンを取る。



このページの先頭へ▲