リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

黒い画集 あるサラリーマンの証言



9月21日(日)〜25日(木)

9月23日(火)営業いたします

*予告編上映なし
特別料金 1作品 500円均一(各回入替制)





監督:堀川弘通
出演:小林桂樹/原千佐子/平田明彦/ほか
[1960年作/日本/1時間35分] 


松本清張原作『黒い画集』の一篇「証言」を、橋本忍脚色、堀川弘通監督で映画化した作品。40代で中堅企業の課長となった平凡なサラリーマン・石野は、部下の女性と不倫の関係を続けている。女と会った帰り道、自宅の隣に住む保険外交員・杉山とすれちがう。この日向島で起こった殺人事件の容疑者として杉山が逮捕され、石野はアリバイ立証のため証言を求められるが、自分の地位や家庭を守るため、これを拒否する。難を逃れたかに思われたが、事件はそれでは終らなかった。石野の情事を知り脅迫してきた学生が殺され、事件直後その現場を訪れた石野は自らの無罪を証するため、すべてを語ることを余儀なくされる。

このページの先頭へ▲