リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

アタラント号

 

4月7日(日)〜13日(土)

 

20:00 - (21:34終映)

 

*4月9日(火)休館

 

監督:ジャン・ヴィゴ
出演:ジャン・ダステ/ディタ・パルロ/ミシェル・シモン/ほか
[1934年製作/フランス/1時間24分/字幕]
http://www.ivc-tokyo.co.jp/vigo/

 

短編を含めてわずか4作品しか残せず、29歳の若さで他界したフランスの伝説的映画作家ジャン・ビゴが1934年に発表した、遺作にして唯一の長編監督作。田舎町とル・アーブルを結ぶ艀船アタラント号に、船長のジャンと、ジャンと結婚したばかりのジュリエット、変わり者の老水夫ジュール、少年水夫、そして何匹かの猫が乗っていた。新婚生活に心ときめかせていたジュリエットだったが、単調な水上生活と狭い船内を次第に息苦しく感じるようになる。やがてアタラント号はパリに着き、ジャンとジュリエットはダンスホールにでかけるが…。オリジナルバージョンが長らく失われていたが、オリジナルに近いネガの発見により1990年に復元され、日本でも91年に劇場公開された。2018年12月には、4Kレストア版が劇場公開。

 

*2Kでの上映となります。

*『新学期 操行ゼロ』『競泳選手 ジャン・タリス』『ニースについて』の上映は御座いません、予めご了承下さい。


このページの先頭へ▲