リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

パピヨン

 

10月18日(金)〜26日(土)

 

14:40 - (17:03終映)

 

*10/22日(火)上映します!

 

監督:マイケル・ノアー
出演:チャーリー・ハナム/ラミ・マレックほか
[17年製作/アメリカ/2時間13分/字幕]
http://www.transformer.co.jp/m/Papillon/

 

作家アンリ・シャリエールの実体験に基づく小説を映画化した脱獄映画『パピヨン』をリメイク。孤島に送られた終身刑囚の脱獄劇を描く。監督は、第31回東京国際映画祭審査委員特別賞を受賞した『氷の季節』などのマイケル・ノアー。主人公を『パシフィック・リム』などのチャーリー・ハナムが演じ、『ボヘミアン・ラプソディ』などのラミ・マレックらが共演した。


このページの先頭へ▲


クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

 

10月18日(金)〜26日(土)
12:30 - (14:14終映)
*10/22日(火)上映します!

 

10月27日(日)〜11月2日(土)
20:00 - (21:44終映)
*10/29日(火)休館

 

監督:ミシェル・マリー

日本語ナレーション:柄本佑
[18年製作/イタリア/1時間34分]
http://klimt.ayapro.ne.jp/

 

19世紀末のオーストリア・ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレの没後100年にあわせて製作されたドキュメンタリー。官能的でありながら、常に死の匂いを感じさせる作品を残したグスタフ・クリムト。クリムトから強い影響を受けながらも新たな表現を模索し続けたエゴン・シーレ。19世紀末のウィーンで花開いたサロン文化と、彼らの作品から匂い立つ官能性と愛に満ちた作品群をさまざまな映像群によって俯瞰し、彼らの生きた時代、そして2人の作品の魅力をひも解いていく。イタリアの新進俳優ロレンツォ・リケルミーがナビゲーター役を務め、ケンブリッジ大学で美術史を修めた女優でモデルのリリー・コールもコメンテーターとして出演する。


このページの先頭へ▲


羅生門 黒澤明監督特集

 

10月14日(月)
12:30 - (13:58終映)

 

10月15日(火)
12:30 - (13:58終映)

 

10月16日(水)
12:30 - (13:58終映)

 

*黒澤明監督特集は1本500円均一

 

 

監督:黒澤明
出演:三船敏郎/京マチ子/森雅之/志村喬/ほか
[1950年製作/日本/1時間28分]
優秀映画鑑賞推進事業  主催:文化庁/国立映画アーカイブ

 

黒澤は本作について次のように述懐している。「この作品の根本といえば、要するに、無声映画に帰ってみようと思ったことですね。……トーキーになって失われた映画の美しさをもう一度見つけようという気持ちだった。……映画ももう一度単純化しなければならないのじゃないか、というのがあの試みだった」。森の中でおきた殺人事件をめぐって、8人だけの登場人物で演じられる不条理劇。芥川龍之介の「藪の中」を、脚本家を志望していた橋本忍が脚色、黒澤の助言で同じ作家の「羅生門」が加えられた。絶対真理の不在と人間不信の主題は戦後間もない欧米で評価され、翌年のヴェネチア国際映画祭でグランプリ、そして米・アカデミー最優秀外国語映画賞を受賞した。1949年に湯川秀樹博士がノーベル賞を受賞し、敗戦後の日本に朗報をもたらしたが、黒澤のそれも日本映画の芸術水準の高さを海外に知らしめただけではなく、わが国の国際理解に大きく貢献した。「キネマ旬報」ベストテン第5位。


このページの先頭へ▲


東京裁判

 

10月13日(日)〜17日(木)

 

14:50 - (19:37終映)

 

途中休憩10分あり・2Kでの上映となります。

 

*10/15日(火)上映します

 

*特別料金一般2,200円(その他料金も特別料金となります)

 

監督:小林正樹
[1983年製作/日本/4時間37分]
http://www.tokyosaiban2019.com/

 

「人間の條件」「切腹」の名匠・小林正樹監督が、戦後日本の進路を決定づけたともいえる極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録を、膨大な映像群からまとめあげた4時間37分におよぶ歴史的ドキュメンタリー。第2次世界大戦後の昭和23年、東京・市ヶ谷にある旧陸軍省参謀本部で「極東国際軍事裁判」、俗にいう「東京裁判」が開廷。その模様は、アメリカ国防総省(ペンタゴン)による第2次世界大戦の記録として撮影され、密かに保管されていた。50万フィートにも及んだ記録フィルムは25年後に解禁され、その中には、法廷の様子のみならず、ヨーロッパ戦線や日中戦争、太平洋戦争などの記録も収められていた。それらの膨大なフィルムを中心に、戦前のニュース映画や諸外国のフィルムも交え、小林監督のもと5年の歳月をかけて編集、製作。戦後世界の原点をひも解いていく。1983年製作・公開。2019年には、監督補佐・脚本の小笠原清らの監修のもとで修復された4Kデジタルリマスター版が公開される。


このページの先頭へ▲


天国と地獄 黒澤明監督特集

 

10月14日(月)
9:00 - (11:23終映)

 

10月15日(火)
9:00 - (11:23終映)

 

10月16日(水)
9:00 - (11:23終映)

 

*黒澤明監督特集は1本500円均一

 

 

監督:黒澤明
出演:三船敏郎/仲代達矢/香川京子/三橋達也/ほか
[1963年製作/日本/2時間23分]
優秀映画鑑賞推進事業  主催:文化庁/国立映画アーカイブ

 

この作品は、アメリカの推理作家エド・マクベインの「キングの身代金」を映画化したものであるが、連れ去る子供を取り違えたとしても、その犯人の脅迫は成立するとのヒントを借りただけで、ほとんどのトリックは黒澤をはじめとする脚本家たちのアイディアである。この映画のクライマックスは二つある。一つは特急こだまのトイレの窓から身代金の3000万円を投げ出す場面。これは実際運行される車両を借り切って、数台のカメラで同時間に撮影された。もう一つは、極刑を課すために犯人を泳がせ、新たな殺人現場におびき出す場面である。『用心棒』(1961)や『椿三十郎』(1962)で、これまでの時代劇にはなかった迫力を演出した黒澤であったが、この作品でも、サスペンス映画に斬新な演出を試みている。<天国>に住む富豪と対照的に<地獄>に住む青年医師を演じた山崎努は、文学座の新人俳優であったが、この作品で一躍注目を浴びた。「キネマ旬報」ベストテン第2位。


このページの先頭へ▲