リンク

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

息の跡

 

6月11日(日)〜17日(土)
10:00 - (11:43終映)
*6月13(火)休館

 

6月18日(日)〜24日(土)
15:30 - (17:13終映)
*6月20(火)休館


監督・撮影・編集・製作: 小森はるか
出演:佐藤貞一/ほか
[16年製作/日本/1時間33分]

http://www.ikinoato.com/

 

東日本大震災後に東京から陸前高田に移住した小森はるかが監督したドキュメンタリー。津波で全てを失うも自力で種苗店を再開し、独学で学んだ英語の手記を書いた佐藤貞一さんの日常をカメラが切り取る。黙々と外国語で本の執筆をし、工夫して日々を生きている佐藤さんの生活が見どころ。


このページの先頭へ▲


家族の肖像

 

6月4日(日)〜10日(土)

 

15:00 - (17:11終映)

 

*6月6(火)休館

 

監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:バート・ランカスター/シルヴァーナ・マンガーノ/ヘルムート・バーガー/クラウディア・マルサーニ/ほか
[1974年製作/イタリア・フランス/2時間1分/字幕]

http://www.zaziefilms.com/kazokunoshozo/

 

『山猫』『熊座の淡き星影』などの、イタリアを代表する名匠ルキノ・ヴィスコンティ監督が手掛けたドラマ。「家族の肖像」と呼ばれる絵画コレクションに囲まれ孤独に暮らす老教授の生活が、屋敷に転がり込んできたある家族によって乱されるさまを描く。主人公の教授をバート・ランカスター、教授と心を通わせていく美青年をヘルムート・バーガーが演じるほか、シルヴァーナ・マンガーノ、クラウディア・カルディナーレ、ドミニク・サンダらが共演。


このページの先頭へ▲


ラビング 愛という名前のふたり

 

6月4日(日)〜10日(土)

 

10:00 / 17:30 - (19:42終映)

 

*6月6(火)休館

 

監督:ジェフ・ニコルズ
出演:ジョエル・エドガートン/ルース・ネッガ/マートン・ソーカス/ニック・クロール/ほか
[16年製作/アメリカ/2時間2分/字幕]

http://gaga.ne.jp/loving/

 

異人種間における結婚を禁止した法律が変わるきっかけとなった夫妻の実話を基にした純愛ストーリー。アメリカで当時違法の州もあった異人種間結婚によって逮捕された二人が、故郷で家族と暮らすため理不尽な法律に立ち向かう。夫妻に、ジョエル・エドガートンとルース・ネッガがふんする。二人の実話に心を打たれたというオスカー俳優コリン・ファースが製作に参加。


このページの先頭へ▲


スモーク

 

5月28日(日)〜6月3日(土)

 

20:00 - (22:03終映)

 

*5月30(火)休館

 

監督:ウェイン・ワン
出演:ハーベイ・カイテル/ウィリアム・ハート/ストッカード・チャニング/ほか
[1995年製作/アメリカ/1時間53分]

http://smoke-movie.com/

 

アメリカを代表する作家ポール・オースターが書き下ろした原作を基に、男たちの中に隠された哀しいロマンティシズムを描いた都会の物語。14年間毎朝同じ時刻に店の前で写真を撮り続けている煙草屋の店長オーギー、彼の馴染みの客で突然の事故により出産まもない妻を失って以来ペンを持てずにいる作家のポール、彼が車に跳ねられそうになった所を助けた黒人少年ラシードの3人を軸に、ブルックリンのとある煙草屋に集まる男達女達の日常を、過去と現在を、嘘と本当を巧みに交差させながら進んでゆく。第45回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員特別賞)を受賞し、日本でもロングランヒットを記録した。デジタルリマスター版でリバイバル公開。


このページの先頭へ▲


あん

 

5月28日(日)〜6月3日(土)

 

12:30 / 17:30 - (19:33終映)

 

*5月30(火)休館

 

監督:河瀬直美
出演:樹木希林/永瀬正敏/内田伽羅/市原悦子/ほか
[16年製作/日本・フランス・ドイツ/1時間53分]

http://an-movie.com/

 

『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。原作は、詩人や作家、ミュージシャンとして活動するドリアン助川。映像作品で常に観客を魅了する樹木の円熟した演技に期待が高まる。


このページの先頭へ▲