リンク

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

めぐりあい

 

9月16日(日)〜20日(木)

 

*9月18日(火)休館

*予告編なし

 

 

赤枠は

1作品500円均一

 

監督:恩地日出夫
出演:黒沢年男/酒井和歌子/桑山正一/菅井きん/ほか

[1968年製作/日本/1時間31分/35mmフィルム上映]

 

日本の高度成長を舞台裏から支えてきた工業都市・川崎。この休みなく動く街のなかで、自動車工場の組立工として働く努とベアリング店に勤める典子。それぞれに複雑な家庭事情を抱え、貧しさにもがきながらも、健気に生きている。そんな二人がふと出会い、恋に落ち、別れのつらさを乗り越えて、互いの愛を確かめ合う。『あこがれ』(1966)のヒットにより、東宝青春映画の旗手として注目を浴びた恩地日出夫が、酒井和歌子を初めて主演に起用し、時代の波や家族の重圧にもまれながらも、ひたむきに生きてゆく若者像を鮮烈に描き出した。脚本家の山田信夫が当初、日活の蔵原惟繕監督のために準備した脚本を、東宝が引き取って映画化が実現。武満徹作曲の主題歌を荒木一郎が唄い、タイトルバックをイラストレーターの和田誠が演出している。


このページの先頭へ▲


動いている庭

 

9月9日(日)〜15日(土)

 

15:10 - (16:45終映)


*9月11日(火)休館

 

監督:澤崎賢一
出演:ジル・クレマン/山内朋樹/エマニュエル・マレス/ほか

[16年製作/日本・フランス/1時間25分/字幕]
http://garden-in-movement.com/

 

パリの美術館や公園の庭などを手掛けてきた庭師ジル・クレマンを取材したドキュメンタリー。2015年に来日した様子をはじめ、クレマンの思想に迫る。監督は、本作が初監督作品となる映像作家の澤崎賢一。京都教育大学教員で庭師の山内朋樹、奈良文化財研究所客員研究員のエマニュエル・マレスらが出演している。


このページの先頭へ▲


アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

 

9月2日(日)〜8日(土)
12:40 / 20:00 - (22:10終映)

*9月4日(火)休館

 

9月9日(日)〜15日(土)
10:00 / 17:10 - (19:20終映)

*9月11日(火)休館

 

監督:クレイグ・ギレスピー
出演:マーゴット・ロビー/セバスチャン・スタン/アリソン・ジャネイ/ほか

[17年製作/アメリカ/2時間0分/字幕]
http://tonya-movie.jp/

 

第75回ゴールデン・グローブ賞作品賞(コメディー/ミュージカル)にノミネートされたほか、さまざまな映画賞で評価された伝記ドラマ。五輪代表に選ばれながら、ライバル選手への襲撃事件などのスキャンダルを起こしたフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの軌跡を映す。監督は『ラースと、その彼女』などのクレイグ・ギレスピー。『スーサイド・スクワッド』などのマーゴット・ロビー、『キャプテン・アメリカ』シリーズのセバスチャン・スタンらが出演。


このページの先頭へ▲


モリのいる場所

 

9月2日(日)〜8日(土)
10:00 / 15:10 - (16:59終映)

*9月4日(火)休館

 

9月9日(日)〜15日(土)
12:50 / 20:00 - (21:49終映)

*9月11日(火)休館

 

監督:沖田修一
出演:山崎努/樹木希林/加瀬亮/吉村界人/光石研/ほか

[18年製作/日本/1時間39分]
http://www.mori-movie.com/

 

名優・山崎努が主演を務め、『横道世之介』などの沖田修一と『キツツキと雨』以来に組んだドラマ。亡くなるまでのおよそ30年にわたり、庭の動植物を観察して描き続けた洋画家・熊谷守一をモデルに、晩年のある夏の1日を描く。山崎に熊谷のことを聞き、老画家を主人公にしたオリジナルストーリーを作り上げた沖田の脚本と演出、自身が敬愛する画家にふんする山崎の演技に期待が高まる。


このページの先頭へ▲


SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬

 

8月26日(日)〜9月1日(土)

 

12:20 - (14:25終映)


*8月28日(火)休館

 

監督:相原裕美
出演:鋤田正義/布袋寅泰/ジム・ジャームッシュ/細野晴臣/ポール・スミス/ほか

[18年製作/日本/1時間55分/字幕]
http://sukita-movie.com/

 

デヴィッド・ボウイやYMO、忌野清志郎など、多くのアーティストたちを撮影してきた写真家の鋤田正義の軌跡をひもとくドキュメンタリー。さまざまな人物を被写体に、広告やファッション、音楽、映画といった多岐にわたるジャンルの写真を手掛けてきた鋤田の創作活動や人柄に迫る。対談やインタビューには、坂本龍一、布袋寅泰、MIYAVI、ジム・ジャームッシュ、ポール・スミス、山本寛斎などの著名人が出演している。


このページの先頭へ▲