リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

グリーンブック

 

8月18日(日)〜24日(土)
9:30 / 15:20 - (17:40終映)
*8月20日(火)休映

 

8月25日(日)〜31日(土)
14:30 / 20:00 - (22:20終映)
*8月27日(火)休映

 

9月1日(日)〜7日(土)
13:20 - (15:40終映)
*9月3日(火)休映

 

監督:ピーター・ファレリー
出演:ヴィゴ・モーテンセン/マハーシャラ・アリ/リンダ・カーデリーニ/ほか
[18年製作/アメリカ/2時間10分/字幕]
https://gaga.ne.jp/greenbook/

 

黒人ピアニストと彼に雇われた白人の用心棒兼運転手が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を手に人種差別が残るアメリカ南部を巡る人間ドラマ。『はじまりへの旅』などのヴィゴ・モーテンセンと、『ムーンライト』などのマハーシャラ・アリが共演。『メリーに首ったけ』などのピーター・ファレリーが監督を務めた。アカデミー賞の前哨戦の一つとされるトロント国際映画祭で、最高賞の観客賞を獲得した。


このページの先頭へ▲


ブラック・クランズマン

 

8月18日(日)〜24日(土)
12:30 - (14:55終映)
*8月20日(火)休映

 

8月25日(日)〜31日(土)
17:10 - (19:35終映)
*8月27日(火)休映

 

監督:スパイク・リー
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライヴァー/トファー・グレイス/ほか
[18年製作/アメリカ/2時間15分/字幕]
https://bkm-movie.jp/

 

『ドゥ・ザ・ライト・シング』などのスパイク・リーがメガホンを取り、第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した実録ドラマ。1970年代末のアメリカを舞台に、2人の刑事が過激な団体で潜入捜査する。ドラマシリーズ「Ballers/ボウラーズ」などのジョン・デヴィッド・ワシントン、『ハングリー・ハーツ』などのアダム・ドライヴァーのほか、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンらが出演する。


このページの先頭へ▲


芳華-Youth-

 

8月18日(日)〜24日(土)

 

20:00 - (22:25終映)

 

*8月20日(火)休映

 

監督:フォン・シャオガン
出演:ホアン・シュエン/ミャオ・ミャオ/チョン・チューシー/ほか
[17年製作/中国/2時間15分/字幕]
http://www.houka-youth.com/

 

1976年の中国、兵士を慰労・鼓舞する歌劇団、文工団に入団した農村出身で17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)は、周りとなじめない。模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)だけが彼女の唯一の支えだった。しかし、ある事件をきっかけに、シャオピンとリウは非情な運命に翻弄されることになる。『戦場のレクイエム』『唐山大地震』などのフォン・シャオガン監督が、1970年代の中国を舞台に描くラブストーリー。軍の歌劇団に所属するヒロインと兵士の青年の数十年の物語がつづられる。


このページの先頭へ▲


野火

 

8月11日(日)〜17日(土)

 

12:50 - (14:57終映)
*連日、本編上映後「石川忠&中村達也上映記念ライブ映像」(30分)あり!

 

*8月13日(火)休映

 

監督:塚本晋也
出演:塚本晋也/リリー・フランキー/中村達也/森優作/ほか
[14年製作/日本/本編1時間27分+ライブ映像30分=計1時間57分]
http://nobi-movie.com/

 

「俘虜記」「花影」などで知られる大岡昇平の小説を実写化した戦争ドラマ。第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島を舞台に、野戦病院を追い出されてあてもなくさまよう日本軍兵士の姿を追う。塚本晋也が、監督と主演のほかに、製作、撮影、編集なども担当。共演にはリリー・フランキー、中村達也、オーディションで選ばれた新星・森優作と、バラエティー豊かな顔ぶれがそろう。戦争という極限状況下に置かれた者たちの凄惨(せいさん)な心象風景に胸をえぐられる。


このページの先頭へ▲


六月の蛇

 

8月11日(日)〜17日(土)

 

20:00 - (21:17終映)

 

*8月13日(火)休映

 

監督:塚本晋也
出演:黒沢あすか/神足裕司/塚本晋也/ほか
[02年製作/日本/1時間17分]

 

雨の降り続く六月の東京。りん子はサラリーマンで潔癖性の夫・重彦と、セックスレスだがそれなりにゆとりのある生活を送っていた。そんなある日、りん子は勤め先の「心の健康センター」電話相談室で自殺予告の電話を受ける。彼女は電話の男を懸命に励まし、自殺を踏みとどまらせたが…。
黒沢あすかと神足裕司が主演を務め、第59回ヴェネツィア国際映画祭にて「コントロ・コレンテ」部門の審査員特別賞を受賞した。ニューHDマスター上映!


このページの先頭へ▲