リンク

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

サバイバルファミリー

 

5月28日(日)〜6月3日(土)

10:00 / 15:00 - (17:07終映)

*5月30(火)休館

 

6月4日(日)〜10日(土)

12:30 / 20:00 - (22:07終映)

*6月6(火)休館

 

監督:矢口史靖
出演:小日向文世/泉澤祐希/葵わかな/深津絵里/ほか
[17年製作/日本/1時間57分]

http://www.survivalfamily.jp/

 

『ウォーターボーイズ』などの矢口史靖が原案、脚本、監督を務めて放つサバイバルドラマ。電気が消滅し人々の生活が危機を迎えた世界を舞台に、生き残りを懸けて東京脱出を試みる家族の姿を描く。夫婦を小日向文世と深津絵里が演じ、息子と娘を『過ぐる日のやまねこ』などの泉澤祐希と『罪の余白』などの葵わかなが好演。ハードなテーマをユーモアを交えて描く矢口監督の手腕に注目。


このページの先頭へ▲


恋妻家宮本

 

5月21日(日)〜27日(土)

 

10:00 / 15:10 - (17:17終映)

 

*5月23(火)休館

 

監督:遊川和彦
出演:阿部寛/天海祐希/菅野美穂/相武紗季/ほか
[17年製作/日本/1時間57分]

http://www.koisaika.jp/

 

テレビドラマ「家政婦のミタ」「偽装の夫婦」など数々の話題作を送り出してきた人気脚本家・遊川和彦の初監督作。作家・重松清の小説「ファミレス」を脚色し、子供が独立して二人きりになった夫婦が、家族の在り方を模索していくさまがコミカルに展開する。熟年離婚の危機に瀕した主人公には阿部寛、その妻を天海祐希が演じる。さまざまな家族の姿を描き続けてきた遊川が、どんな家族像や夫婦像を示すのか注目。


このページの先頭へ▲


湯を沸かすほどの熱い愛

 

5月21日(日)*〜27日(土)

 

12:30* / 20:00 - (22:15終映)

 

*5月23(火)休館

21日(日)12:30の回上映後 中野量太監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

監督:中野量太
出演:宮沢りえ/杉咲花/オダギリジョー/伊東蒼/篠原ゆき子/ほか
[16年製作/日本/2時間5分]

http://atsui-ai.com/

 

宮沢りえと、杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロインの姿を捉える。『チチを撮りに』などの中野量太が監督と脚本を担当し、物語を紡ぎ出す。母親と娘の強い絆はもとより、人生の喜怒哀楽を詰め込んだストーリーに夢中になる。


********************************

 

★「湯を沸かすほどの熱い愛」初日上映後 舞台挨拶を開催致します!

 

日:5月21日(日)
時:12:30の回上映後
登壇者:中野量太監督


【ご入場方法】

当日9:30より鑑賞料と引き換えに整理券をお配り致します。
12:15より整理券番号順でのご入場となります。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。


このページの先頭へ▲


海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜

 

5月21日(日)〜27日(土)

 

17:40 - (19:44終映)

 

*5月23(火)休館

 

監督:ジャンフランコ・ロージ
出演:サムエレ・プチッロ/マティアス・クチーナ/サムエレ・カルアーナ/ほか
[16年製作/イタリア・フランス/1時間54分/字幕]

http://www.bitters.co.jp/umi/

 

『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』などのジャンフランコ・ロージ監督が、アフリカや中東から命懸けで欧州を目指す移民や難民たちにカメラを向けたドキュメンタリー。イタリアの南に位置するランペドゥーサ島を舞台に、島民の日常と共に過酷な旅を経て島にたどり着いた人々の姿を映す。憔悴しきった移民や難民の人々の過酷な現実に言葉を失う。


このページの先頭へ▲


たかが世界の終わり

 

5月14日(日)〜20日(土)

 

20:00 - (21:49終映)

 

*5月16(火)休館

 

監督:グザヴィエ・ドラン
出演:ギャスパー・ウリエル/レア・セドゥ/マリオン・コティヤール/ほか
[16年製作/カナダ・フランス/1時間39分/字幕]

http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/

 

『わたしはロランス』『Mommy/マミー』などで、若くしてずば抜けた才能を発揮してきたグザヴィエ・ドランが監督した家族の物語。ある決意を胸に久々に帰省した主人公と家族が再会するものの、お互いに距離がうまくつかめずぎくしゃくする様子を描写する。ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセルらフランスを代表する俳優たちが結集。絶望の中の希望の光が胸を打つ。


このページの先頭へ▲