リンク

深谷シネマ 賛助会員募集

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

2020年の上映作品

1月4日(土)〜11日(土)
『翔んで埼玉』
『引っ越し大名!』
『ロケットマン』

 

1月12日(日)〜18日(土)
『ロケットマン』

『翔んで埼玉』

『おいしい家族』
★1月12日(日)「おいしい家族」ふくだももこ監督による舞台挨拶を開催いたしました!

 

1月19日(日)〜25日(土)
『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
★1/20日(月)9:30〜の回上映後・山田火砂子監督による舞台挨拶を開催いたした!
『人生をしまう時間(とき)』
『宮本から君へ』
『タロウのバカ』

 

1月26日(日)〜2月1日(土)
『"樹木希林"を生きる』
『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
『人生をしまう時間(とき)』
『宮本から君へ』

 

2月2日(日)〜2月8日(土)
『ホテル・ムンバイ』

『"樹木希林"を生きる』

『さらば青春の光』
★2月8日(土)上映後 ザ・コレクターズ・加藤ひさし氏による舞台挨拶を開催いたしました!

『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』

 

2月9日(日)〜15日(土)
『蜜蜂と遠雷』
『イエスタデイ』
『ボーダー 二つの世界』

 

2月16日(日)〜22日(土)
『真実』
『駅までの道をおしえて』
★初日2/16日(日)上映後・橋本直樹監督、新津ちせさんによる舞台挨拶を開催いたしました!
『イエスタデイ』
『ボーダー 二つの世界』

 

2月23日(日)〜29日(土)
『楽園』
『真実』
『音楽』
★2/24(月・祝)上映後、岩井澤健治監督による舞台挨拶を開催しました!

『夕陽のあと』

 

2月23日(日)〜29日(土)
『楽園』
10:00

『真実』
13:00/20:00

『音楽』
15:20

★2/24(月・祝)上映後、岩井澤健治監督による舞台挨拶を開催しました!

『夕陽のあと』
17:20

 

3月8日(日)〜14日(土)
『i−新聞記者ドキュメント−』

『閉鎖病棟−それぞれの朝−』

『わたしは光をにぎっている』

『NO SMOKING』

 

3月15日(日)〜21日(土)
『ひとよ』
『i−新聞記者ドキュメント−』
『草間彌生∞INFINITY』
『NO SMOKING』

 

3月22日(日)〜28日(土)
『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
『永遠の門 ゴッホの見た未来』
『草間彌生∞INFINITY』
『グレタ GRETA』

 

3月29日(日)〜4月4日(土)
『カツベン!』
『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
『少女は夜明けに夢をみる』
『永遠の門 ゴッホの見た未来』

 

6月7日(日)〜13日(土)
『家族を想うとき』
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
『〈片隅〉たちと生きる 監督・片渕須直の仕事』

 

6月14日(日)〜20日(土)
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
『家族を想うとき』
『さよならテレビ』
『リンドグレーン』

 

6月21日(日)〜27日(土)
『風の電話』
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
『さよならテレビ』
『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

 

6月28日(日)〜7月4日(土)
『男はつらいよ お帰り 寅さん』
『風の電話』
『エッシャー 視覚の魔術師』

 

7月5日(日)〜11日(土)
『男はつらいよ お帰り 寅さん』
『子どもたちをよろしく』
『his』
『イーディ、83歳 はじめての山登り』

 

7月12日(日)〜18日(土)
『ジョジョ・ラビット』
『ロマンスドール』
『男と女 人生最良の日々』
『子どもたちをよろしく』

 

7月19日(日)〜25日(土)
『ラストレター』
『37セカンズ』
『ジョジョ・ラビット』
『ロマンスドール』

 

7月26日(日)〜8月1日(土)
『山中静夫氏の尊厳死』
『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』
『ラストレター』
『37セカンズ』

 

8月2日(日)〜8日(土)
『漫画誕生』
『ミッドサマー』
『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』
『山中静夫氏の尊厳死』

 

8月9日(日)〜15日(土)
『スキャンダル』
『Red』
『ミッドサマー』
『野火』

 

8月16日(日)〜22日(土)
『ジュディ 虹の彼方に』
『Fukushima 50』
『娘は戦場で生まれた』
『ようこそ、革命シネマへ』

 

8月23日(日)〜29日(土)
『Fukushima 50』
『スウィング・キッズ』
『ジュディ 虹の彼方に』
『娘は戦場で生まれた』

 

8月30日(日)〜9月5日(土)
『星屑の町』
『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』
『レ・ミゼラブル』
『スウィング・キッズ』
『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』

 

9月6日(日)〜12日(土)
『レ・ミゼラブル』
『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』
『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』
『星屑の町』

 

9月13日(日)〜19日(土)
『花のあとさき ムツばあさんの歩いた道』
『わたしは分断を許さない』
★9月19日(土)堀潤監督による舞台挨拶を開催いたしました!
『シェイクスピアの庭』
『プリズン・サークル』
『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』


このページの先頭へ▲


ハリエット

 

9月25日(金)〜10月3日(土)

 

13:00 / 20:00 - (22:15終映)

 

*9月29日(火)休館

 

監督:ケイシー・レモンズ
出演:シンシア・エリヴォ/レスリー・オドム・Jr/ほか
[18年製作/アメリカ/2時間05分/字幕]
https://harriet-movie.jp/

 

奴隷解放運動家として知られ、アフリカ系アメリカ人で初めて20ドル紙幣の肖像に採用されることが決まったハリエット・タブマンの伝記ドラマ。過酷な奴隷生活をしていた彼女が、やがて奴隷解放運動に身を投じる。メガホンを取るのは『クリスマスの贈り物』などのケイシー・レモンズ。シンシア・エリヴォがハリエットにふんし、レスリー・オドム・Jr、ジャネール・モネイらが脇を固めている。


このページの先頭へ▲


ひまわり

 

9月25日(金)〜10月3日(土)

 

10:00 - (11:57終映)

 

*9月29日(火)休館

 

監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
出演:ソフィア・ローレン/マルチェロ・マストロヤンニ/ほか
[1970年製作/イタリア/1時間47分/字幕]
http://himawari-2020.com/

 

第2次世界大戦によって引き裂かれた男女の悲しい愛の物語。時代に運命を翻弄(ほんろう)された夫婦の悲劇を、名匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督が情感豊かに描き出す。主演は、イタリアのを代表するソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ。東西冷戦下、欧米では初の試みとなったソ連ロケを行い撮影された広大なひまわり畑の風景と、ヘンリー・マンシーニによる悲しみが漂うテーマ曲が深い余韻を残す。公開から50年の時を経てHDレストア版として復活。


このページの先頭へ▲


日本のいちばん長い日

 

9月20日(日)
12:30 - (15:07終映)

 

 

9月21日(月)
12:30 - (15:07終映)

 

 

9月22日(火)
12:30 - (15:07終映)

 

 

9月24日(木)
12:30 - (15:07終映)

 

*岡本喜八・鈴木清順監督特集は1本500円均一

 

 

監督:岡本喜八
出演:三船敏郎/笠智衆/山村聰/宮口精二/松本幸四郎/ほか
[1967年製作/日本/2時間37分]

優秀映画鑑賞推進事業

主催:国立映画アーカイブ
特別協力:文化庁、(社)日本映画製作者連盟、全国興行生活衛生同業組合連合会

 

1945(昭和20)年8月14日正午、御前会議によるポツダム宣言受諾の決定から、翌日正午の天皇による玉音放送にいたるまでの一日を描き、「大宅壮一編」として出版された半藤一利のノンフィクションを原作に、東宝がその前身となる写真化学研究所(PCL)のスタジオ建設から35周年を記念する作品として映画化。橋本忍の脚本を得て、岡本喜八監督が日本映画界を代表する男優陣総出演ともいえるキャストを、メリハリのある演出でさばき、日本映画史に一ページを画する大作に仕上げた。天皇による詔勅の文面が決定されるまでの前半は、陸相と海相とのやりとりに見られる緊迫した言葉のドラマを軸に展開され、後半は一転、終戦を阻止しようとする陸軍青年将校らによるクーデター計画を中心に、厚木航空隊、横浜警備隊の動きを絡ませながら、怒涛のようなテンポによる活劇が繰り広げられる。


このページの先頭へ▲


東京流れ者

 

9月22日(火)
15:30 - (16:52終映)

 

9月23日(水)
12:30 - (13:52終映)

 

*岡本喜八・鈴木清順監督特集は1本500円均一

 

 

監督:鈴木清順
出演:渡哲也/松原智恵子/川地民夫/二谷英明/ほか
[1966年製作/日本/1時間22分]

優秀映画鑑賞推進事業

主催:国立映画アーカイブ
特別協力:文化庁、(社)日本映画製作者連盟、全国興行生活衛生同業組合連合会

 

やくざ稼業から足を洗って恋人と結婚する決意をしていた青年が、敵対するヤクザに狙われ各地を転々とするが、ついに堪忍袋の緒が切れる…。前年にレコード発売された「東京流れ者」の作詞を手がけた川内康範が、原作と脚本を担当した歌謡アクション映画。渡世の義理から離れようと旅に生きる主人公を渡哲也が演じ、粋で武骨な“不死鳥の哲”を魅力的に体現した。ドラマの流れよりもシーンごとの色使いや様式性に重きを置いた大胆な鈴木清順監督の演出と美学が遺憾なく発揮され、海外での人気も高い代表作の一本となった。


このページの先頭へ▲